TRAILS REPORT

POP HIKE CHIBA #4 in 鋸山

2016.02.12
article_image



2013年にスタートしたPOP HIKE CHIBAも今回が第四回。今回の行き先は、天空の城ラピュタの世界観を醸し出す石切場のある鋸山(のこぎりやま)。採石した石を運び出した古の道「車力道」を歩き、海抜0メートルから鋸山頂上に登っていきます。山道の見晴らしからも海を望むことでき、船の往来や向かいの三浦半島、遠くには富士山や伊豆大島までがそのパースペクティブにおさまるところなどは、房総のトレイルならではの魅力です。

今回もcafeSTAND店主・塚本氏が、KUSA.喫茶さんによる「POP HIKE CHIBA」特性オリジナル焙煎豆をその場でドリップ。山のなかで、そして海を望みながら、淹れたての絶品のコーヒーを飲めるのは、毎度ながら贅沢なトレイルでの時間を過ごし方です。そう、いつもPOP  HIKE CHIBAの中で、ハイキングの大事な魅力に気づかされる思いがするのです。ローカルの山で、何かしらのつながりでその場で知り合った人々と、山の話、旅の話、その土地の話、他愛もない話を歩きながらして、山の中でただ時間を過ごす。短い旅だけど、それは素敵なハイキングの時間です。

房総特有の森の景色を歩いていく。

採石した石を運び出した昔の「車力道」の跡。

採石場の壁が、独特の景観を作り出す。

山道より見晴らす、山と海のパースペクティブ。

幾何学的な石壁と緑の組み合わせが、天空の城ラピュタのような世界観を醸し出す。

アフターパーティでの土屋さんのお話。歩き旅という視点で、改めて日本のトレイルや景色をとらえ直してみる。

■POP HIKE CHIBA
曽我部恵一氏など多くの著名なミュージシャンがLiveしに訪れることで知られる、西千葉にあるcafeSTANDオーガーナイズのもと、同じく同郷千葉出身のGreat Cossy Mountain(西千葉にファクトリーを構えKING OF MELLOW HIKING GEARを提唱するギアメーカー)とTRAILSがサポートハイカーとして参画し、Hiker’s Depot土屋氏をゲストハイカーにむかえる「 MUSIC × HIKING × LOCAL」を融合したローカルハイキングイベント。

■LOCAL TRAIL(ローカルトレイル)
どうしても標高の高い山やトレイルに目がいきがちですが、国土の70%が山間部という日本では、まだまだ魅力的だけど遊ばれていない低山やトレイルがたくさんあります。名前も知られていない地元の低山やトレイルを歩く人が増え、もっとローカルトレイルが盛り上がったらどれだけ楽しいことか。TRAILSでは、気楽にハイキングできて、トレイルへの負荷の分散にもつながるLOCAL TRAIL(ローカルトレイル)やそこで活動する人たちを応援しています。

■BOSO TRAIL(房総のトレイル)
千葉県は平野と丘陵がその大半を占め、海抜500m以上の山地がない日本で唯一の都道府県。一方で温暖な沿岸部、特に南房総地域は黒潮海流の影響で気候は年間通して温暖で、その中でも南房総市の南端部は関東で最も春の訪れが早い地域です。そんな冬の避寒地である南房総には、我らがホームトレイルである烏場山(地元「和田浦歩こう会」が整備したハイキングコースがある標高266.6mの山)や鋸山(東京湾一帯から伊豆大島までの眺望が広がる、石切り場跡で知られる標高329.4mの山)などがあり、冬山で必要とされる特別な道具や経験がなくても、気楽にハイキングできることでも知られている。


WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る