EVENT

『LONG DISTANCE HIKERS DAY 2018』開催! – 2月24日(土) /2月25(日)

2018.01.23
article_image

ハイカーによる、ハイカーのための
ロングハイキング・カルチャーの発信

2018年も開催決定!今年は「A Cultural Bonding -カルチャーをつなぐ」をテーマに、日本のロングハイキングカルチャーの過去・現在・未来をつなぎ、またハイカーの奥底で共鳴する感覚をつなぐことを試みたいと思っています。今まで”点”として起こってきたアクティビティは、相互に関わりを作りだしてカルチャーと呼べるような胎動を産んでいます。加藤則芳さんのトリビュート企画を始め、ハイカー同士の座談会、トレイルや道具、歩き方についてのTIPS、Hiker’s DepotやTRAILSのロングハイキングのレポートなど、今年もディープなコンテンツを準備しています。

- What’s LONG DISTANCE HIKERS DAY?
日本のロング・ディスタンス・ハイキングのカルチャーを、ハイカー自らの手でつくっていく。そんな思いで2016年に立ち上げたイベントです。ロングトレイルを歩いたハイカーが、リアルな旅の体験を発信できる場。ロングハイキングの旅の情報や知恵を交換できる場。旅のあとのライフスタイルについて語り合える場。そんなふうに、ロングハイキングの旅を愛するハイカーにとって、最もリアルな人と情報が交流する場となればと思っています。

数百km、数千kmにおよぶ歩き旅とは、どんな体験であり、どんな感覚を与えてくれるものなのか?映像や雑誌などの情報からだけでは感じられない、ハイカーの生の言葉で語られる旅の記憶や記録。またそのハイカー自身の人柄。そこには旅への憧れや臨場感を刺激してくれる、豊かでリアリティある情報が溢れています。是非、あなたの旅のきっかけをつかみに遊びにきてください。

charactor【イベント日時】
2018年2月24日(土)2月25日(日) 12:00〜19:00 @三鷹

*参加のお申し込みはコチラ
PHOTO GALLERYをオープンしました(2018/2/1)。


panel_maintalk
2/24(土), 25(日) 16:00〜

MAIN TALK
「バックパッカー加藤則芳の夢のつづき」
Speaker:  長谷川晋(Hiker’s Depot)、佐井聡 小川竜太(TRAILS)、加藤正芳(加藤則芳氏の弟様)

日本におけるロングトレイルの思想とカルチャーの伝道者であった加藤則芳さん。加藤則芳さんが残してくれたロングトレイルの夢とは何だったか。そして、その夢のつづきを実践する現在のハイカーたち。一時的なブームをよそに、日本のロングハイキングのカルチャーはネクストステージに向かっています。

加藤則芳さんが実現できなかった長大な構想をもとに、信越トレイルが進めている延伸計画。北根室ランチウェイやみちのく潮風トレイルも、第2ステージと呼べるあらたなトレイルづくりの試みを行なっています。ハイカーズデポ長谷川晋は、河口湖から信越トレイルのトレイルヘッドをつなぐインディペンデントなロングハイキングを実践しています。それらのアクティビティをつなげて描くことで、これからのロングハイキングのかたちを、ひとつの像としてつむぐことができたらと思っています。




panel_closingtalk_n2
2/24(土), 25(日) 18:00〜

- TRAILSのNIPPON TRAIL「富士講ロングハイク」
〜高尾山から富士山を結ぶロングハイキング〜
Speaker: TRAILS 佐井聡・小川竜太・佐井和沙

- Hiker’s Depot 五国ロングハイキングと中央ハイトレイルの実際 
〜土屋智哉×長谷川晋のクロストーク~
Speaker: Hiker’s Depot 土屋智哉・長谷川晋

「ロングトレイル」という名前がついたところだけがロングトレイルではありません。地図を見ながら、自分が心から出かけてみたいと思う、ロングハイキングを描いてみませんか?そんなセルフメイドなロングハイクの旅について、旅のモチベーションから、構想の描き方や実際の行程まで、実践例をもとにお話します。

TRAILSは、江戸時代に熱狂的に広まった富士講(ふじこう)という富士山信仰にもとづく旅。それを自分たちのスタイルに置き換えて、高尾山から富士山まで山をつなぎながらのロングハイキングの旅に出ました。その旅のレポートをお届けします。

ハイカーズデポは、土屋智哉と長谷川晋のお互いのロングハイクをクロストークで語ります。長谷川晋が信越トレイルにつづく道として構想し、河口湖から信越トレイルまでつないだ五国ロングハイキング。そして土屋智哉が歩いた、奥多摩・奥秩父〜八ヶ岳〜北アルプスまでのロングハイキング(中央ハイトレイル)。他では珍しい両氏のクロストークというのも楽しみです。




panel_sub2
2/24(土), 25(日) 12:30〜

- ハイカーシンドローム
ロングトレイルを長い歩き終えたら、ハイカーの人生は変わるのか。どんなハイカーでも、「旅」という病をかかえながら、ロングハイキング後の人生を生きなければならない。社会復帰?また旅に出る?と悶々としているハイカーのリアルを、当人たちに吐露してもらう座談会です。
Navigator: 長谷川晋(Hiker’s Depot)
Guest Hiker: 勝俣隆(JMT, AT) 黒川小角(PCT,CDT) 鈴木佳乃(AT) 山田富郎(AT) 本間馨(PCT)

- ハイカーハピネス
何が楽しくて何百km、何千kmという長い歩き旅にでかけるのか。そんなシンプルな問いに、ストレートに立ち向かってみたいと思う。自然の中に長くいること?仲間との出会い?仕事しなくていいから?きっと答えはひとつではないけれど、ハイカーの本心をつついてみましょう。
Navigator: 佐井聡(TRAILS)
Guest Hiker: 長沼商史 [GNU](PCT, CDT, Te Araroa) 栗本歩実(JMT) 中島悠二(JMT) 鈴木栄治(AT) 中沢美帆(PCT)




panel_sub1_2
2/24(土), 25(日) 13:30〜

- 世界のロングトレイル
海外のロングトレイルを歩いてみたい。でも、どの国のどのトレイルへ?1週間の休みがあれば行ける海外トレイルから、2週間〜1ヶ月くらいの長めの旅ができる海外のトレイルまでをセレクトしてご紹介します。
有名なトレイルだけでなく、半年間もロングハイクしたハイカーが、ここはもう一度行きたい、というセクショントレイルも選んでくれました。リアルなハイカーの評価にもとづいた珠玉のトレイルです。憧れを一歩前に!

24(土) アメリカ編 〜PCT、AT、コロラドのセクションハイキング〜
Navigator: 二宮勇太郎(Hiker’s Depot)
Guest Hiker: 勝俣隆(AT) 筧啓一(Colorado trail)

25(日) スペイン・ニュージラーンド・北欧編 〜スペイン巡礼道、テ・アラロア、ラップランド〜
Navigator: 土屋智哉(Hiker’s Depot)
Guest Hiker: 増田純子(Camino de Santiago) 長沼商史 [GNU](Te Araroa)松本 卓也 (北欧)

- 日本のロングトレイル
海外も日本もロングハイキングをしてきたハイカーに、日本のロングトレイルを選んで、その特徴や魅力を紹介します。

24(土) 東海・西日本編 〜富士山一周トレイル、高島トレイル、熊野古道、京都一周トレイル〜
25(日) 東日本編 〜みちのく潮風トレイル、塩の道、信越トレイル、北根室ランチウェイ〜
Navigator: 長谷川晋(Hiker’s Depot)小川竜太(TRAILS)




panel_sub3
2/24(土), 25(日) 17:00〜

- Hiker’s Depotが解説 ロングハイキングの道具ばなし
トレイルを取り巻く環境は目まぐるしく変わっています。ロングハイキングで使われる道具も、同様に年々変わってきています。そんなロングハイキングの道具の過去と現在を、ハイカーズデポスタッフとハイカーで語り合う、ロングディスタンスハイキング的ギア今昔道具ばなし。道具の世界にも大きな変革があったのか!?
Navigator: 二宮勇太郎(Hiker’s Depot)
Guest Hiker: 利根川真幸(PCT)、黒川小角(PCT, CDT) Okamatsu Takeshi(AT)

- カラダの負荷を考えながら、ロングトレイルを歩ききるコツ
ロングトレイルを歩くハイカーたちは、1日に歩く距離は千差万別。このセッションでは、体力的にガツガツ歩く自信がないハイカー向けの歩き方や、また怪我をしてしまったときに旅をつづけるための対応方法など、歩くスピードとトレイル生活を上手にコントロールする知恵をシェアしたいと思います。
Navigator: 長谷川晋(Hiker’s Depot)
Guest Hiker: 筧啓一(2012: PCT) 鈴木栄治・佳乃(2016: AT) 利根川真幸(2015: PCT)




panel_sub4

NEW YEAR’S TOPICS!- for Long Distance Hiker-
Navigator: 長谷川晋(Hiker’s Depot)、佐井聡(TRAILS)
2/24(土), 25(日) 12:00〜

ロング・ディスタンス・トレイルをとりまく最新のトレイル環境やルール変更を、長期間の旅から帰ってきたハイカーのリアルで最新の情報をもとに共有するセッションです。今年または来年に歩きたいハイカーのサポートとなる実践的な情報を提供します。




panel_sub5

HIKER’S HEAVEN
会場内で食べたり、飲んだりしながら、日本・海外のさまざまなトレイルの情報を集めることができるエリアです。

TRAIL INFO & STORE
2/24(土), 25(日) 12:00〜19:00
日本および海外のトレイルの地図やトレイルにまつわるアイテムを販売。また「トレイルの旅 相談所」として、各地のトレイルを歩いたハイカーもブースにスタンバイし、今後歩きたいと思っているトレイルの情報を収集することができます。



EVENT OVERVIEW



timetable-24_n4
timetable-25_n4

【日時】
2018年2月24日(土)、2月25日(日)
11:45 開場、12:00 開始、19:00 終了予定

【会場】
Three Eight Nine MITAKA (JR三鷹駅より徒歩4分)
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-37-31
map_map

【参加費】
2日間両日参加 3,000円 (先着30名に達し次第、応募〆)
1日のみ参加  2,000円 (各日先着90名に達し次第、応募〆)
2月24日(土)、2月25日(日)のそれぞれの日で、内容が少し異なりますのでお間違いのないようお買い求めください。
※チケット(QRコード)をお持ちであれば、何度でも再入場可能です。
※軽食、ドリンク以外のすべてのコンテンツが参加費に含まれています。
※会場内で軽食やドリンクなどをお買い求めいただけます。
※当日の混雑次第では、参加いただけないコンテンツもございますので、予めご了承ください。
※当日のプログラム、及びタイムテーブルは変更する場合がございますので、予めご了承ください。
※本イベントでは取材が入ります。撮影された写真や映像が雑誌やウェブなどに掲載されることがありますので、予めご了承ください。

【チケットの購入方法】
・[お申し込みはこちらボタン]から、パスマーケットにてチケットを選択し購入を完了して下さい。
・人数分のチケット(QRコード入り)を受付でご提示ください。


【お問い合わせ】
TRAILS(トレイルズ)編集部 event@trails.co.jp

【共催】
TRAILS, HighlandDesigns

logos

bottun

 

ldhd_ph_bottun


WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る