EVENT

『HAMMOCKS for Hiker』を開催します!- 5/28(土)、5/29(日)

2016.04.29
article_image

——– EVENT OVERVIEW ——–

[日 時]
5/28 (土) 12:00 – 16:00
5/29 (日) 10:00 – 16:00
※屋外イベント / 雨天決行
※当日参加可


[会 場]
月尾根自然の森キャンプ場
hammoks_map2電車:JR中央線・中央本線「染川(やながわ)駅」下車 徒歩15分
 ※梁川駅まで、新宿より中央特快(約80分)、各駅停車(約90分)。駐車場のご用意がございませんので、公共交通にてお越しください。

[コンテンツ概要]
ハンモックの展示販売 / ウッドストーブ・焚き火台の展示販売 / ハンモックハイキング・宿泊体験 /トークショー 他

[コンテンツ詳細]


展示・販売
両日とも、以下の時間帯にて各種メーカーのハンモック、タープ、ウッドストーブ、スリーピングバッグなどを展示・販売いたします。気になるハンモックに、試しに寝てみたりできますよ。
・日時:5/28 (土) 12:00 – 16:00
・日時:5/29 (日) 10:00 – 16:00


ハンモックトーク 
両日とも、ハンモック・トークと題し、ハイカーズデポのハンモックジャンキーである二宮氏と、TRAILS編集長の佐井の二人で、ハンモックについて語り倒すセッションになります。ハンモックのいろいろな遊び方、ハンモックのギアヒストリー、ウッドストーブとなぜ相性がよいのかなど、ハンモックの世界へディープダイブさせてくれる内容になる予定です。一気にハンモックについて詳しくなる、貴重な機会になると思います。
・日時:5/28 (土) 14:00 – 15:00
・日時:5/29 (日) 14:00 – 15:00
参加方法:申込不要
持ち物:スリーピングマットなど座れるもの


ハンモックハイキング体験  満員御礼!応募を締め切りました。
会場近くの山でショートハイキングをしながら、実際に山の中でのハンモック体験ができます。

・定員10人
・5/29(日)10:00〜13:00の1回のみ。
・集合場所:会場受付前
・持ち物:水(500ml~1L程度)、行動食(飴やチョコレートなど)
・服装:基本的なデイハイキングの服装
※当日の天候や気温、天気予報、体調、体質などと相談し、動きやすい服装であれば問題ありません。

キャンプ泊  満員御礼!応募を締め切りました。
参加しているメーカーのハンモックを借りて、宿泊体験もできます!
・定員20人
・入場料は含まれません。

・キャンプ泊の方は、宿泊装備(テント、スリーピングマット、寝袋など)を必ずご持参ください。
・ハンモック宿泊体験に関しては数に限りがありますので、ご希望者が多い場合は抽選とさせていただきます。また、宿泊装備は別途ご持参ください。

[飲食]
会場内での飲食の販売はおこないません。また、最寄り駅からの道中にも小さな商店さんのみですので、ご自身が必要とされる飲食(アルコール類や昼食など)は、予めご用意をお願いします。
・キャンプ泊の方のみ、夜ご飯の時間に軽食(暖かいスープとホットドッグを予定)をご用意いたします。

[追加情報]
facebookページでも情報更新していきますので、お合わせてご確認ください。

[問い合わせ]
event@trails.co.jp

[注意事項]
・ 屋外イベント/雨天決行
・駐車場のご用意はございませんので、公共交通にてお越しください。
・最寄りの梁川駅券売機は、1000円札と小銭しか使えません。 

・焚き火台を使用した焚き火が可能。(直火禁止)
・ゴミはお持ち帰りください。キャンプ場でゴミを捨てることはできません。
・当日のプログラム、タイムテーブル、定員は変更する場合がございます。予めご了承ください。

・本イベントには撮影が入ります。撮影された写真や映像が雑誌やウェブなどに掲載されることがありますので、予めご了承ください。

——- PRODUCED BY ——–
スクリーンショット 2016-04-28 17.46.40


[MOVIE] イベント当日の様子


[MOVIE] ハンモック・キャンプ


関連記事

hammocks-meeting_main
 HIKING & HAMMOCKS Meeting#1 / ハンモックキャンプ for ハイカー


WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る