STORE

TRAILS × Klean Kanteen | 2種類のデザインで発売! リユース可能なパイントカップをトレイルライフに。

2019.07.12
article_image

TRAILSオリジナルのパイントカップを作りました!

デザインは、TRAILSのロゴ & キャラクターを配したものと、7月末にPRE OPENする『TRAILS INNOVATION GARAGE』をデザインしたものの2パターン(GARAGEバージョンは店頭販売のみ)。

クリーンカンティーン(Klean Kanteen)のステンレススチール製のパイントカップを使用しているため何度でもリユースでき、しかも頑丈なつくりの製品なので、ハイキングやキャンプなどアウトドアのフィールドでがんがん使い倒すことができます。

TRAILSオリジナルのクラフトビール『銀山街道ALE』と一緒に楽しんでもらったら、僕らとしては最高にうれしいです。

pint_06
マイ・パイントカップを持って、みんなで乾杯!

bottun



自然が遊び場だからこそ、自然環境を大事にしたい。



トレイルを旅し、トレイルで遊び続けている私たちのフィールドは、まぎれもなく “自然” です 。

私たちのトレイルライフに欠かすことのできないその大事な遊び場を、できることならずっと守り続けていきたいですよね。

だからこそ、このステンレススチール製のパイントカップ! これさえあれば、紙コップやプラスチックカップなどを使い捨てすることなく、繰り返し何度でも使うことができるのです。

pint_04
ロング・ディスタンス・ハイキングの相棒としてもぜひ。



地球環境にやさしいプロダクトにこだわり続ける、クリーンカンティーン。



クリーンカンティーン(Klean Kanteen)は、2004年にアメリカはカリフォルニア州北部のチコで、発明家でもあるロバート・シールズ氏が立ち上げたブランドです。

その当時はまだ、プラスチックによる健康および環境問題は広く認知はされていませんでした。そんな中、彼は害のない製品づくりに取り組み、ステンレス製でBPAフリーのリユース可能なボトルを生み出しました。

地球環境にやさしいプロダクトづくりに尽力し続けているブランド、それがクリーンカンティーンなのです。

pint_08
高品質な18-8ステンレススチールを採用。丈夫で、繰り返し何度でも使えます。



アウトドアで飲みたいビールやアイスコーヒーに、パイントカップは最高のツール!



pint_07
『銀山街道ALE』との相性はバツグン!

pint_05
アイスコーヒーにもぴったり。ロックアイスも忘れずに。

pint_03
ビールやコーヒーやもちろん、あなたのトレイルライフに合わせて、いろんなドリンクと一緒にお楽しみください。

pint_01
焚き火を囲みながら気のおけない仲間たちと語らう。そんなひとときにも、ぜひパイントカップを。



デザインは2種類! TRAILSバージョンと、GARAGEバージョン。



表面にTRAILSロゴ、裏面にTRAILSキャラクターロゴを配したTRAILSバージョンは、オンラインで販売します。

一方、表面にINNOVATION GARAGEの文字、裏面にGARAGEのイラストを配したGARAGEバージョンは、7月末にPRE OPENする『TRAILS INNOVATION GARAGE』の店舗限定販売! ここでしか手に入れることができませんので、ぜひ遊びに来てください。

pint_main
今回オンラインで販売するのは左側(左端が表面、左から2番目が裏面)。右側のバージョンは、『TRAILS INNOVATION GARAGE』での店頭販売のみ。

bottun

■ パイントカップについて
素材:18-8 ステンレススチール
容量:16oz(約473ml)
重量:95g
価格:1500円(税込)
発売元:TRAILS

■ Contact 〜 お問い合わせ 〜
TRAILS編集部:info@trails.co.jp
製品のご購入(お取り扱い)、イベント(講演)、その他ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事
beer_main
TRAILS × Hariyama Productions | 新入荷! 島根madeの柚子とお米を使ったクラフトビール『銀山街道ALE』



NIPPON TRAIL #01 銀山街道(島根/広島) 世界遺産・石見銀山から続く銀を運んだ道


WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る