TRAILS REPORT

SANIN KAIGAN GEOPARK TRAIL / 山陰海岸ジオパークトレイル in 鳥取 – 海岸わたり街つなぐトレイル

2015.03.10
article_image

海食や風食によってできた奇岩、洞門、断崖絶壁の絶景が拝める国内では希有なトレイル。そんなトレイルが、山陰海岸ジオパーク(*1)の中でも鳥取県に位置するエリアにある。海沿いということで、海の幸への期待もハイカーの旅心をくすぐるし、砂浜歩きであれば小さい子供を持つファミリーハイカーにも安心だ。というわけで、いつもの旅仲間に3歳の息子を加えて、いざ鳥取へ!

■海岸わたり街つなぐトレイル

今回の旅は、鳥取県最北端に位置する岩美町にあり、海岸までの距離が約150mというJR山陰本線東浜駅(ひがしはまえき)をスタートし、鳥取砂丘に隣接する柳茶屋キャンプ場(*2)でキャンプ泊する、海岸わたり街つなぐ約25km。このエリアは、山陰海岸ジオパークトレイル(*3)の中でも、東西に約15kmつづく岩石海岸の自然景勝地で国の名勝・天然記念物としても知られる浦富海岸(うらどめかいがん)。日本人では知らない人はいないであろう鳥取砂丘。鳥取県が漁獲量日本一を誇る松葉がにや県外では滅多にお目にかかれないモサエビ(*4)に代表される海の幸。これでもかという程、ハイカーを唸らせるコンテンツがコンパクトに濃縮された本当に贅沢なトレイルでした。後日談だが、浦富海岸の鴨ヶ磯エリアにある遊歩道が一部通過できなくなっており、現在修復中らしいのでご注意を。

tottori_map

■山陰海岸CAMPING TRIP in 鳥取

今回の旅で、すっかり鳥取のベースキャンプ地として僕らを虜にしてくれた柳茶屋キャンプ場でのキャンピングムービー。詳しいキャンプの様子は、本日(3月10日)発売のBE-PAL4月号キャンプ特集をご覧ください!

■今回一緒に旅をした仲間

– 三浦大紀/卓也
– SHIMANE PROMOTION
大紀(1980生)卓也(1983生)。2012年、島根県出身の兄弟二人でシマネプロモーションを設立。地元島根の魅力を伝えることを目的として、兄は島根を拠点にPR戦略の提案やイベントの企画などまちづくりに携わる事業をしながら、近所や旅先でのたまの登山を趣味としている。弟は、ハリヤマプロダクションのデザイン/ギア制作を担当。「モノ」の機能を見直した独自視点からの再構築をコンセプトとしてものづくりを行う。最近は専ら走っている。

– 小川竜太/恭子
– TRAIL MOVIE WORKS
竜太(1980生)恭子(1983生)。国内外のトレイルを二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。TRAILSのウェブマガジンでもFilmerとして活動している。昨年末には会社員ながら3週間の休みをとり、ニュージーランドのロングディスタンスハイキングの旅を決行。その様子もTRAILSに掲載されている。また「旅」という視点から、ハイキングと街の関係を捉え直す試みを行っており、自身のムービーづくりにも反映されている。

(*1)山陰海岸ジオパーク:鳥取、兵庫、京都の3県をまたぎ、日本海形成から現在に至る様々な地形や地質が存在し、それらを背景とした生き物や人々の暮らし、文化・歴史に触れることができる地域。東端(京丹後市)から西端(鳥取市)までの距離(約120km)、面積(2458.44㎢)。(*2)柳茶屋キャンプ場:鳥取砂丘から徒歩で行ける無料のキャンプ場。年中無休・終日開放しており、指定地であれば直火の焚き火が楽しめる。(*3)山陰海岸ジオパークトレイル(仮称):山陰海岸を舞台に鳥取県が主導するロングトレイル構想で、そのトレイルの名称もこれから決定される予定だ。(*4)モサエビ:幻の猛者(もさ)とも呼ばれる岩美町の特産エビ(正式名はクロザコエビ)。強い甘みが特長で、半日もすれば頭部が黒くなるほど傷みが早く、その多くが鳥取県内で消費されてしまう。

RELATED

土屋智哉のMeet The Hikers! ♯2 – ゲスト:勝俣隆さん

信越トレイル 全線開通10周年記念!113人のハイカーの声 by TRAIL…

HIMALAYA MOUNTAIN LIFE | FOOD Reviews …

LATEST

TOKYO ONSEN HIKING #15 | 塩ノ山・井筒屋別館...
井原知一の100miler DAYS #11 | 食べる生活(フクロウ24耐...
MAKE YOUR OWN GEAR | ULギアを自作するための生地、1...

RECOMMEND

TRAILS環境LAB | トレイルズなりの “ 大自然という最高の遊び場の...
SKI HIKING | #05 BCクロカン2021 Second Sea...
TRAIL TALK #007 Tomokazu Ihara / 井原 知一...

POPULAR

TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関...
PLAY!出社前に遊ぼう #01 | TRAILS × 小林大允(Answe...
井原知一の100miler DAYS #07 | 走る生活(天狗60耐)...

STORE

GARAGE

WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る 

RECOMMEND

TRAILS環境LAB | トレイルズなりの “ 大自然という最高の遊び場の守り方 ” を STUDY (知る) × TRY (試す) で模索する
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
NIPPON TRAIL #07 摩周・屈斜路トレイル + 釧路川 HIKING & PACKRAFTING 〜【前編】美留和 to 砂湯 ハイキング

POPULAR

TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関内)
ジェフ・キッシュのHIKER LIFE with PNT | #06 パシフィック・ノースウエスト・トレイルのスルーハイキング (その2)
IN THE TRAIL TODAY #09|無理なく余裕を持って楽しむJMTのセクションハイキング5days

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

SECTION HIKING
信越トレイル | 新版公式ガイドブック
MAKE YOUR OWN MIX
銀山街道ALE / 330ml×6本
信越トレイル | 公式マップ
RIVER TRIP Tシャツ
LONG DISTANCE HIKING
TRAILS LOGO Tシャツ
PINT CUP

RELATED

井原知一の100miler DAYS #10 | 走る生活(東海自然歩道FKT)

TRAILS環境LAB | 松並三男のSALMON RIVER #07 食べる魚として「忘…

NIPPON TRAIL #04 富士講 〜【後編】高尾山から富士山へ

LATEST

TOKYO ONSEN HIKING #15 | 塩ノ山・井筒屋別館...
井原知一の100miler DAYS #11 | 食べる生活(フクロウ24耐)...
MAKE YOUR OWN GEAR | ULギアを自作するための生地、12アイテムを新...