STORE

TRAILS × Hariyama Productions| “ NIPPON TRAIL ” project から島根madeなクラフトビール『銀山街道ALE』本日販売スタート!

2018.06.29
article_image

TRAILSのオリジナルプロダクトとしては初めてのカテゴリーであるFOOD。そのトップバッターは、トレイルを旅する時の最強ブースター!クラフトビールです。

NIPPON TRAIL #01でご紹介した島根県「銀山街道」を一緒に旅をした仲間、Hariyama Productionsの三浦兄弟と共に昨年から造りはじめ、年明けからはさまざまなイベントにてクローズドで発売してきた「島根の素材」「島根のブリュワリー」にこだわって製造した、島根madeなクラフトビール『銀山街道ALE』。

本日、TRAILS STOREで販売スタート!

_B1A0049TRAILS_HammocksForHiker2018
Cheers!! みんな『銀山街道ALE』を持って旅に出よう!

bottun



銀山街道がある、島根の「柚子」「お米」を加え、島根の「ブリュワリー」で製造!



64b0b62f4faf9e9b847ce741952eceb4
フルーティで豊かな味わい。飲んだあとにほのかに香る柚子は、銀山街道ALEならでは。どんな料理とも合わせやすい!

これまで、“世界中でロングハイキングという旅をすることの魅力” を、自分たち・仲間たちの旅を通じて発信してきたTRAILS。そんなTRAILSの中で湧いてきた「日本国内で、しかも自分たちらしい自由なスタイルでロングハイキングの旅をしたら最高なんじゃない?」という思い。こんな思いを発端とし、2017年10月より連載をスタートさせた “NIPPON TRAIL” 。

そのNIPPON TRAILから生まれたクラフトビール、それが『銀山街道ALE』。この夏、トレイルを旅する時、遊ぶ時のお供に、ぜひ『銀山街道ALE』をお楽しみください。

20be171e138e8ff0bd548e3e666bd539
これからの季節は、こんな風に川で冷やすのもおすすめ。

■ 銀山街道ALEについて
商品名:銀山街道ALEアルコール:4.5%
ブリュワリー:石見麦酒
内容量:330ml×6本セット
価格:3,888円(税込)
発売元:TRAILS × Hariyama Productions
※原材料に使用しているお米は、Hariyama Productionsを運営する三浦兄弟の父、三浦康敬氏が島根県浜田市弥栄町でつくる、通称「ヤスタカ米」。農薬使用は最低限に抑え(減農薬米)、田んぼのある標高400mほどの地は寒暖差が大きく、甘くて艶やかな立派なコシヒカリです!



ハイキング、パックラフティグ、キャンピング。トレイルライフの最強ツール!



610019bdd9706b1261ce695bc46f4dac
NO BEER, NO HIKE! 1本や2本と言わず、バックパックに入るだけ入れてしまおう。

b8da1fe23495037c707dd04f1fb24e9b
パックラフティングを終えて、青空のもと川辺で一杯!これはヤバイ!

1ec5418cfef7d2f624bc24a681daa3e1
飲んだら歩くな!歩くなら飲むな!ということで、ハンモックキャンプに打ってつけ。開放感と浮遊感のなかで飲む『銀山街道ALE』はサイコーだ。

55fd6e8ee80a190a026d763ba671c4ea
焚き火やウッドストーブとの相性も抜群。揺らめく火を眺めつつ、物思いにふけりながらひとり静かに飲むもよし。



“NIPPON TRAIL” project から島根madeなクラフトビール『銀山街道ALE』



ba1f64c2bfb24bdd3b7dbaf382fe7ab8
ラベルのイラストは、島根県石見地方の伝統芸能「石見神楽」に登場するスサノヲをモチーフにしたもの。

bottun

■ Contact 〜 お問い合わせ 〜
TRAILS編集部:info@trails.co.jp
製品のご購入(お取り扱い)、イベント(講演)、その他ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

NIPPON TRAIL #01 銀山街道(島根/広島) 世界遺産・石見銀山から続く銀を運んだ道


NT_boso1_main
NIPPON TRAIL #05 房総・クジラの道 〜【前編】房総半島横断に見出した旅のテーマ


WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る