TRAILS REPORT

LONG DISTANCE HIKER #13 黒川小角 | トレイルがある町に身を置いていたい

2022.12.09
article_image

話・写真:黒川小角 取材・構成:TRAILS

What’s LONG DISTANCE HIKER? | 世の中には「ロング・ディスタンス・ハイカー」という人種が存在する。そんなロング・ディスタンス・ハイカーの実像に迫る連載企画。

何百km、何千kmものロング・ディスタンス・トレイルを、衣食住を詰めこんだバックパックひとつで歩きとおす旅人たち。自然のなかでの野営を繰りかえし、途中の補給地の町をつなぎながら、長い旅をつづけていく。

そんな旅のスタイルにヤラれた人を、自らもPCT (約4,200km) を歩いたロング・ディスタンス・ハイカーであるTRAILS編集部crewの根津がインタビューをし、それぞれのパーソナルな物語を紐解いていく。

* * *

第13回目に紹介するロング・ディスタンス・ハイカーは、黒川小角 (くろかわ おづぬ) a.k.a. Snake Kicker さん。

黒川くんは、2016年にパシフィック・クレスト・トレイル (PCT ※1)、2017年にコンチネンタル・ディバイド・トレイル (CDT ※2) をスルーハイクしたロング・ディスタンス・ハイカーだ。

黒川くんは2018年10月に、信越トレイルのトレイルタウンである長野県飯山市に移住。3年間にわたり信越トレイルクラブ事務局の仕事に携わった。

現在は、別の仕事に就いているものの、変わらず飯山市に住んでおり、信越トレイルのガイドなども手がけている。アメリカ3大トレイルのうち2つを歩き、残るはアパラチアン・トレイル (AT ※3) だが、そこに足を運ぶ気配はない。

黒川くん曰く、「トレイルのある町にいたい」とのこと。ロング・ディスタンス・ハイカーである黒川くんが、そう思う理由とは?

ちなみに、信越トレイルでは、アメリカのロングトレイルをスルーハイキングした3人のハイカーが、今までにスタッフとして働いている (現在もスタッフ募集中 ※4)。これまでそんなトレイルは日本になかったし、すごく貴重なことでもある。前回、その1人である鈴木栄治さんを取り上げたが、今回は2人目として黒川小角さんを紹介する。


2016年にPCT、2017年にCDTと、2年連続でアメリカのロングトレイルをスルーハイク。衣食住を背負い、野営を繰り返しながら歩き切った。

アメリカのロングトレイルの、圧倒的な距離の長さに惹かれた。

日本とは比べものにならないくらいの距離を有するアメリカのトレイルに惹かれた。

—— 根津:黒川くんは、会社員時代は土日が休みだったから、もっぱら週末登山だったよね。なにがきっかけでアメリカのロングトレイルに興味を持つようになったんですか?

 
黒川:「登山がどんどん面白くなってきたのに、有休も取れず土日しか行けない。フラストレーションが溜まっていたんですよね。

そのときたまたま手に取ったのが、ロングトレイル特集をやっていた雑誌でした。アメリカのロングトレイルの圧倒的な距離の長さに惹かれたんですよね」


PCTらしい開放的な景色と歩きやすいトレイル。

—— 根津:距離の長さが重要だった?

 
黒川:「なにかアホなことがしたい、とぼんやりながらもずっと思ってて (笑)。PCTを歩くハイカーを見て、これはとち狂ってるなと。それで気になりはじめて、自分なりにいろいろ情報収集するようになりました」


社会人になって控えていたおちゃらけた性格が、アメリカのトレイルで解放された。

—— 根津:アホなことがしたいと思ってたんだ (笑)。

 
黒川:「小さい頃から、基本的にはふざけていたい、おちゃらけていたいっていうタイプだったんです。でも就いた仕事は企業の人事で、当たり前ですがぜんぜんふざけられない。

いつかアホなことをしたいと思っていたなかで、PCTをはじめとしたロングトレイルの存在を知り、ちょうど2015年くらいに退職することになって、それで翌年にPCTをスルーハイクすることにしました」

トレイルから300mile (480km) も離れた、インディアン保護区に連れていかれた。

PCTとJMTが重複するセクションにある、ミューア・ハットにて。

—— 根津:実際にPCTを歩いてみて、これまでに経験したことのない半端ない距離を満喫した?

 
黒川:「その距離の長さに惹かれてはいたものの、毎日歩いているとその距離感覚はなくなるんですよね。当たり前の日課ですから。それよりも、ロング・ディスタンス・ハイキングならではのハプニングや、計画どおり行かないこととかが、面白くなってきました」


インディアン保護区に連れていってくれたおじさんの後ろ姿。今でも色褪せることのない素晴らしい思い出。

—— 根津:具体的にはどんなことですか?

 
黒川:「いろいろあるんですが、そうですね、PCTもCDTもその面白さは共通しているのでCDTのエピソードを挙げますね。一番印象に残っているのは、拉致られてインディアン保護区に行ったことです (笑)。

町にいくためにヒッチハイクしたときのことなんですが、ドライバーのおじさんにインディアン保護区の儀式に参加するから一緒に行こうと誘われて。ノリで行くことにしたんですけど、トレイルから300mile (480km) も離れてたんですよ。

でも、貴重な文化体験でしたね。アメリカ人に話しても驚かれるくらいです」

—— 根津:儀式をかなり間近で見ることができたと。

 
黒川:「いや、実際に体験したんです。スウェット・ロッジと呼ばれる簡易サウナ小屋みたいなところに入って、焼き石に水をかけるんですが、もうサウナのレベルじゃない苦痛をともなう暑さでした。

その中でひたすら祈り、パイプをみんなで回し吸いしたり、食べ物を回し喰いしたり。とにかく面白かったですね。

PCTもCDTも、こういう予想外のことにあふれていて、それが楽しかったです」


CDTが通っているアリゾナ州のグランドキャニオンにて。

ロング・ディスタンス・ハイキングを通じて、トレイルタウンの心地良さを知った。


2018年10月から3年間、信越トレイル事務局の仕事に携わった。

—— 根津:PCTとCDTを歩いたハイカーは、当然のごとくATも歩くことが多いけど、そうはならなかったんだね。

 
黒川:「CDTを歩き終えてかなり満足感があったんですよね。PCTよりも山のスキルが求められますし、シビアな環境もたくさんありましたから。でもATはそこまでじゃないですし、惰性で歩きたくはなかったので、日本で仕事を探すことにしました」


信越トレイルのメンテナンスツアーにて。

—— 根津:トレイルを歩く側から作る側へ。やはりトレイルに関わる仕事がしたかったんですか?

 
黒川:「漠然とそう思っていました。人に相談したりといろいろアクションを起こしているなかで、たまたま信越トレイル事務局が人を探していて。それで携わることになったんです。

現在は事務局を離れていますが、変わらず同じエリアに住んでいます。それはたぶん、トレイルがある町とかトレイルがある地域が好きで、トレイルの近くにいたい気持ちが強かったんだと思います」


現在は、長野県飯山市の戸狩エリアにある古民家に住んでいる。

—— 根津:それはアメリカのトレイルで、たくさんのトレイルタウンを訪れたのが影響している?

 
黒川:「そうですね。小さな田舎町をトレイルが活性化していました。そこで暮らしている住民とハイカーの間には良好な関係性も築かれていて、僕はそういう町に行くたびにすごく心地良いなぁと感じていたんです。

そういう経験も含めて、いま振り返ってみると、僕はトレイルと地域が一体になっている雰囲気が好きなんでしょうね。そこに身を置いていたかったんだなと」

—— 根津:飯山市内の戸狩 (とがり) というエリアにずっと住んでいるけど、今後もここに住みながら信越トレイルに関わっていこうと思っていますか?

 
黒川:「戸狩は、出会った人も含めて穏やかな雰囲気があって、好きですね。戸狩の人たちは、信越トレイルを大事にしていますし、トレイル整備も手がけているんです。

集落の話し合いでも、いまだに加藤則芳さんの話が出るんです。しかも、『加藤さんが強い思いで作ったこのトレイルは、高齢化とかの問題はあるけど絶対に我々がやらないといけないんだ!』とも言っていて。そういうプライドを持った人たちがいるこの町が好きなんです。

地元の人からそう思われている信越トレイルはすごいと思いますし、そういう人たちと信越トレイルに関わることができるのは、嬉しいし楽しいですね」


2017年に歩いたCDTにて。今思い返しても、毎日が楽しかったし、充実感のある旅だった。

This is LONG DISTANCE HIKER.


『 ハイカーから
  トレイルタウンの住民へ 』
 
ロング・ディスタンス・ハイカーが、トレイルエンジェルになったり、トレイルマジックをしたりするのは、よくあることだ。
 
ひとたびロングトレイルにお世話になると、なにかしら恩返しがしたくなるもの。でも、黒川くんは恩返しとかそういうスタンスではなく、トレイルが好きでその沿線にある町も好きで、とにかくトレイルの近くにいたかったと言う。たしかに、アメリカのトレイルタウンはどこもかしこも魅力的だ。
 
黒川くんのその思いは、ふたたびロングトレイルを歩きに行ってしまうのと同じくらい、ハイカーらしい欲求だ。そして、ロング・ディスタンス・ハイカーが住んでしまうほどの町は、きっと素晴らしいトレイルタウンに違いない。
 

根津貴央

 
※1 PCT:Pacific Crest Trail (パシフィック・クレスト・トレイル)。メキシコ国境からカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州を経てカナダ国境まで、アメリカ西海岸を縦断する2,650mile (4,265㎞) のロングトレイル。アメリカ3大トレイルのひとつ。

※2 CDT:Continental Divide Trail (コンチネンタル・ディバイド・トレイル)。メキシコ国境からニューメキシコ州、コロラド州、ワイオミング州、アイダホ州、モンタナ州を経てカナダ国境まで、ロッキー山脈に沿った北米大陸の分水嶺を縦断する3,100mile (5,000km) のロングトレイル。アメリカ3大トレイルのひとつ。

※3 AT:Appalachian Trail (アパラチアン・トレイル)。アメリカ東部、ジョージア州のスプリンガー山からメイン州のカタディン山にかけての14州をまたぐ、2,180mile (3,500km) のロングトレイル。アメリカ3大トレイルのひとつ。

※4 信越トレイルのスタッフ:信越トレイルでは、随時スタッフを募集中。トレイルの仕事に興味のあるハイカーは、信越トレイルのホームページにある問い合わせページ (https://www.s-trail.net/contact/) から連絡を。

TAGS:


RELATED

LONG DISTANCE HIKER #10 利根川真幸 | どこかの誰か...
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスル...
ロングトレイルのつくり方 ~信越トレイルの誕生秘話~...

LATEST

『LONG DISTANCE HIKERS DAY 2023』4/22-23...
It’s a good day! #05 | 数千マイル後のオール・ウィー・...
フライフィッシング雑記 田中啓一 #02 バシャッとモゾッ...

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜...
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスル...
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな...

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編)...
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘...
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関...

STORE

GARAGE

WRITER
根津 貴央

根津 貴央

1976年、栃木県宇都宮市生まれ。幼少期から宇宙に興味を抱き、大学では物理学を専攻。卒業後、紆余曲折を経て広告業界に入り、12年弱コピーライター職に従事する。2012年に独立し、かねてより憧れていたアメリカのロングトレイル「パシフィック・クレスト・トレイル(PCT/総延長4,265km)」のスルーハイクのために渡米。約5カ月間歩きつづける。2014年には「アパラチアン・トレイル(AT/総延長3,500km)」の有名なイベント「Trail Days」に参加し、約260kmのセクションを歩く。同年より、グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)を踏査する日本初のプロジェクト『GHT Project(www.facebook.com/ghtproject)』を仲間と共に推進中。2018年4月、TRAILSに正式加入。著書に『ロングトレイルはじめました。』(誠文堂新光社)、『TRAIL ANGEL』(TRAILS) がある。

>その他の記事を見る 

TAGS

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜伊藤正一の衝動と情熱〜
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな2人艇のススメ〜

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編) 湯俣〜三俣山荘
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関内)

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

MYOG KIT #02 ULコンテナ
TRAILS SPECIAL BOX (2022 SUMMER)
KARL STRAUSS / BOAT SHOES IPA (カールストラウス / ボート シューズ ヘイジーIPA)
STILLWATER ARTISANAL ALES / GOSE GONE WILD (スティルウォーター / ゴーゼ ゴーン ワイルド)
HARLAND / HAZY IPA (ハーランド / ヘイジーIPA)
MIKKELLER SAN DIEGO / RASPBERRY BLUSH (ミッケラーサンディエゴ / ラズベリー ブラッシュ)
DRAKE’S BREWING / AROMA COMA (ドレイクス / アロマ コーマ)
HERECTIC BREWING / YOU CAN’T HANDLE THE JUICE (ヘレティック / ユーキャントハンドルザジュース)
MIKKELLER SAN DIEGO / GEEK BREAKFAST (ミッケラーサンディエゴ / ビアギークブレックファースト)

RELATED

LONG DISTANCE HIKER #10 利根川真幸 | どこかの誰かの幸せにつなが...
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで...
ロングトレイルのつくり方 ~信越トレイルの誕生秘話~...

LATEST

『LONG DISTANCE HIKERS DAY 2023』4/22-23開催 & 事前...
It’s a good day! #05 | 数千マイル後のオール・ウィー・ニード...
フライフィッシング雑記 田中啓一 #02 バシャッとモゾッ...