TRAILS REPORT

平日・出社前 パックラフティング!

2018.06.18
article_image

とある平日の朝。

TRAILS Crewは、5時26分立川駅発のJR青梅線・奥多摩行の列車に乗っていた。

PR_OT1
職場とは真逆の方向に電車は走っていく。

仕事???

いやいや、格好からして明らかに仕事ではない。

平日に仕事もしないで遊びかよ!とツッコミたくなるのも無理はない。僕も、これがSNSにでも上がってこようものなら、まったくのんきなヤツらめ!とやっかむに違いない。

でも、そうじゃないのだ。

平日に仕事もするけど、平日に遊びもする。
そう、これは出社前の遊びなのだ。

PR_OT3
早朝の澄んだ川を歩く。

出社前に、僕たちのホームである御岳に行って多摩川上流を下りたい!前々からそう思っていた。

べつにエクストリーム出社みたいなことがしたいわけではない。そもそもTRAILS Crewにそんな意識の高いヤツはいない。みんな、ただただ遊びたいだけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
漕がなくたっていい。川の流れに身を任せるだけ。

果敢に攻めるわけでもなく、ゆるゆると下って、だべって、笑って、ドボンして、やっぱ気持ちいねー、サイコーだねーって言って、川から上がって、たたんで、上りの電車に乗って、会社に行く。

ただそれだけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ウェーーーイ!やっぱりオトナも遊ばないと。

「社員をパックラフティングに行かせよう!」。そんな経営方針があるわけじゃない。

そもそも会社に言われて行く遊びなんて遊びじゃない気がするし。かと言って遊びに行けないことを、会社や仕事のせいにしたくもない。

やっぱ遊びってのは、時間も含めて自らクリエイトするものだよな。

遊んだあと、通勤電車に揺られながらそんなことを話していた。

事実、僕たちは出社前に遊ぶことができた。ちょっとだけ早起きは必要だけど、やろうと思えば誰だってできるはず。

そして決めた。
出社前でもいい、退社後でもいい、平日に遊ぶオトナをもっと増やすための、新連載を。

タイトルは『Play!』

スローガンは、Now or Never.
今がチャンス!今しかない!今でしょ!ってこと。

いつか仕事が落ち着いたら遊ぼう、なんて思っていたら、いつまでたっても遊べない。遊ぶなら今だ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

というわけで、僕たちTRAILS Crewが平日に遊びに行く新連載をお楽しみに。

さーて、次はどこに行こうかな。

関連記事
packraft_kujigawa_main
パックラフト・アディクト | #03 ヤマセミを求めて久慈川を下ろう!

packraft_nakagawa_main
パックラフト・アディクト | #02 サケの遡上する那珂川をパックラフトで旅する

TAGS:


RELATED

2人用ULスリーピングバッグ「BUDDY BAG」誕生までの開発ストーリー

土屋智哉のMeet The Hikers! ♯3(後編) – ゲスト:寺澤英…

POP HIKE CHIBA #4 in 鋸山

LATEST

パックラフト・アディクト | #58 ポーランドのブダ川、ソロ・パックラフテ...
ツール・ド・トモ (T.D.T) | 100mileのグループラン (井原知...
井原知一の100miler DAYS #13 | 走る生活(彩の国100mi...

RECOMMEND

TRAIL TALK #007 Tomokazu Ihara / 井原 知一...
NIPPON TRAIL #07 摩周・屈斜路トレイル + 釧路川 HIKI...
#005 ARAITENT / アライテント – 「自立するツェルト」に潜む...

POPULAR

PLAY!出社前に遊ぼう #01 | TRAILS × 小林大允(Answe...
北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編)...
ジェフ・キッシュのHIKER LIFE with PNT | #06 パシフ...

STORE

GARAGE

WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る 

TAGS

RECOMMEND

LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックのA to Z 〜ハイカーのためのハンモック〜
NIPPON TRAIL #07 摩周・屈斜路トレイル + 釧路川 HIKING & PACKRAFTING 〜【前編】美留和 to 砂湯 ハイキング

POPULAR

PLAY!出社前に遊ぼう #01 | TRAILS × 小林大允(Answer4) 高尾でドボン
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関内)
IN THE TRAIL TODAY #09|無理なく余裕を持って楽しむJMTのセクションハイキング5days

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

KARL STRAUSS / BOAT SHOES IPA (カールストラウス / ボート シューズ ヘイジーIPA)
STILLWATER ARTISANAL ALES / GOSE GONE WILD (スティルウォーター / ゴーゼ ゴーン ワイルド)
HARLAND / HAZY IPA (ハーランド / ヘイジーIPA)
MIKKELLER SAN DIEGO / RASPBERRY BLUSH (ミッケラーサンディエゴ / ラズベリー ブラッシュ)
DRAKE’S BREWING / AROMA COMA (ドレイクス / アロマ コーマ)
HERECTIC BREWING / YOU CAN’T HANDLE THE JUICE (ヘレティック / ユーキャントハンドルザジュース)
MIKKELLER SAN DIEGO / GEEK BREAKFAST (ミッケラーサンディエゴ / ビアギークブレックファースト)
KNEE DEEP BREWING / TAHOE DEEP IPA (ニーディープ / タホ ディープインペリアル IPA)
銀山街道ALE / 330ml×6本

RELATED

リズ・トーマスのハイキング・アズ・ア・ウーマン#19 / サンディエゴ・トランス・カウンテ…

My Best Articles 2020 | #03 トレイル・カルチャーの未来を刺激す…

TODAY’S BEER RUN #10 | インクホーン・ブルーイング (目白)

LATEST

パックラフト・アディクト | #58 ポーランドのブダ川、ソロ・パックラフティング3DAY...
ツール・ド・トモ (T.D.T) | 100mileのグループラン (井原知一の100mi...
井原知一の100miler DAYS #13 | 走る生活(彩の国100mile)...