TRAILS REPORT

LONG DISTANCE HIKERS DAY 2022 | ハイカーが旅のストーリーを語る『HIKER’S TABLE』の紹介

2022.04.22
article_image

いよいよ明日から2日間にわたって開催する『LONG DISTANCE HIKERS DAY 2022』。

このイベントの第1回目からつづく、コア・コンテンツのひとつが『HIKER’S TABLE』。ロング・ディスタンス・ハイキングにおいて、それぞれのハイカー体験したリアルでパーソナルなストーリーを語ってもらうコーナーです。

全部で24個のHIKER’S TABLEが行なわれますが、イベント開催直前に、このコンテンツに登場するハイカーを、各トレイルごとに紹介します!

この記事で気になるハイカーを見つけて、そのハイカーの生の言葉で語られる旅の記憶や記録を、ぜひ聞きにきてください。

charactor【イベント日時】
2022年4月23日(土)4月24日(日)
両日とも、
第一部 12:00~15:00
第二部 16:00~19:00

@三鷹 Three Eight Nine MITAKA

アメリカ3大トレイル


 
■ PCT (パシフィック・クレスト・トレイル)

– 小林俊介 a.k.a. Koba (23日第一部 / 24日第一部)

ロングトレイル未経験だったKobaは、自分の価値観を確かめるべくPCTへ。アメリカ入りしてバックパックの盗難に遭うなど、さまざまなトラブルも経験。でも、歩いているうちにいつしか笑顔になっていた。

– 黒川小角 a.k.a. Snake Kicker (23日第二部)

雑誌の特集でアメリカのロングトレイルの存在を知り、PCTに興味を持ったSnake Kicker。自生しているブルーベリーを食べながら歩いたのが一番の思い出。ダラダラ歩いているうちにゴールまでたどり着いてしまったのだとか。

– 鈴木拓海 a.k.a. Sunny (24日第二部)

すでにJMTをスルーハイクしていたSunnyは、JMTの10倍以上の距離を有するPCTに憧れを抱いていた。スケーターでもある彼は、もともと西海岸カルチャー好き。スルーハイクを通じて、さらにどっぷりハマってしまったようだ。

■ AT (アパラチアン・トレイル)

– 清田勝 a.k.a. Not Yet (23日第一部 / 24日第二部)

Not YetにとってATは、アメリカ3大トレイル踏破 (トリプルクラウン) の通過点だった。3大トレイルのなかで難易度が低いと思われがちだが、侮ってはいけないことを知ったという。

– 関口文雄 a.k.a. Flyingfish (23日第二部)

百名山を踏破し、さらなる刺激を求めてATをスルーハイクしたFlyingfish。緑豊かなATは、日本の山歩きと親和性の高い冒険のように感じられたそうだ。

– 鈴木栄治 a.k.a. Turnip (24日第一部)

半年間の歩き旅に興味を抱いて、実際に約半年かけてATをスルーハイクしたTurnip。夫婦で歩いた彼は、「ゆっくりゆっくり」がモットー。トレイル上での半年間にわたる生活を存分に味わった。

■ CDT (コンチネンタル・ディバイド・トレイル)

– 丹生茂義 a.k.a. Time Zone (23日第一部 / 24日第一部・第二部)

Time Zoneにとって、CDTはアメリカ3大トレイル踏破 (トリプルクラウン) のラストピースだった。荒漠としたウィルダネスが果てしなく広がるCDTで、テントも張らずに過ごしたカウボーイキャンプが忘れられない。

– 鈴木拓海 a.k.a. Sunny (23日第二部)

PCTを歩き終えて、なんとなくCDTを思い浮かべてその勢いで行くことを決めたSunny。孤独感を存分に楽しみながらも、アメリカの小さくてステキな街が、ほどよいスパイスとなった。

JMT / Hayduke Trail


 
■ JMT (ジョン・ミューア・トレイル)

– 栗本歩実 a.k.a. Ayumi (23日第一部・第二部)

冒険家の関野吉晴さんに憧れて登山をはじめたAyumi。自分のグレートジャーニーができそうと思ったのがJMTだった。楽しいことも、辛いこともあったけど、とにかく全部が最高だった。

– 緑川千寿子 a.k.a. Chizuko / 瀧川朋彦 a.k.a. Tomohiko (24日第一部・第二部)

『LONG DISTANCE HIKERS DAY』に参加したことで背中を押されて、初めてのロングトレイルとしてJMTを選んだ、Chizuko & Tomohiko。スルーハイクを通じて、二人とも、自分らしいハイキングのスタイルを見つけたようだ。

■ Hayduke Trail (ヘイデューク・トレイル)

– 河西祐史 a.k.a. Wonderer (23日第一部・第二部 / 24日第一部・第二部)

アメリカのトレイルを歩きまくっているトリプルクラウナー、Wonderer。人がいないエリアへの渇望からこのトレイルへ。他にはない、とんでもない自然を味わうことができるが、ハイカーにおすすめできないと彼は断言する。その真意とは?

Te Araroa / Lapland / Camino de Santiago


 
■ Te Araroa (テ・アラロア)

– 地現葉子 a.k.a. Yoko (24日第一部)

海外旅行でNZに訪れたことがきっかけで、次はここを歩いてみたい!と思ったYoko。テ・アラロアを半年近くかけてじっくり歩き切り、大自然との一体感、そして自己肯定感を強く感じたという。

– 及川悠野 a.k.a. Yuya (23日第一部)

映画『わたしに会うまでの1600キロ(原題:Wild)』を観て、ロングトレイルに興味を抱き、テ・アラロアへと向かったYuya。一人で歩いていたものの、トレイルで出会ったハイカーやローカルの人の優しさが、一番の思い出。

■ Lapland (ラップランド)

– 松本卓也 a.k.a. Shobo (24日第二部)

どこでテントを張ってもいいという自由度に惹かれて夫婦でラップランドへ。とにかく何もないだだっ広い大自然がこの地の魅力。そんな何もないところでテント泊を繰り返す日々が最高だったそうだ。

■ Camino de Santiago (カミーノ・デ・サンティアゴ)

– 角田裕子 a.k.a. Yuko (23日第二部)

PCTに憧れるも、歩き切る自信がなくまずは足慣らしにと向かったのがこの巡礼道だったというYuko。ヨーロッパらしい田舎街の美しい景観、地元のおいしいご飯を堪能する歩き旅が、とても楽しかったとのこと。

LONG DISTANCE HIKERS DAY 2022


 

– What’s LONG DISTANCE HIKERS DAY?

日本のロング・ディスタンス・ハイキングのカルチャーを、ハイカー自らの手でつくっていく。そんな思いで2016年に立ち上げたイベントです。ロング・ディスタンス・トレイルを歩いたハイカーが、リアルな旅の体験を発信できる場。ロング・ディスタンス・ハイキングの旅の情報や知恵を交換できる場。旅のあとのライフスタイルについて語り合える場。そんなふうに、ロング・ディスタンス・ハイキングの旅を愛するハイカーにとって、最もリアルな人と情報が交流する場となればと思っています。

このイベントを立ち上げる前に、私たちは『LONG DISTANCE HIKING』(※)という書籍を出しました。この本は、ロング・ディスタンス・ハイキングのカルチャーとTIPSを詰め込んだ本です。しかし書籍というフォーマットは、リアルタイムな情報の更新は不向きです。書籍とは別に、必ずリアルタイムで、ダイレクトな情報を届ける場が必要になると考えていました。それが、このイベントが生まれたきっかけのひとつでもあります。

数百km、数千kmにおよぶ歩き旅とは、どんな体験であり、どんな感覚を与えてくれるものなのか?映像や雑誌などの情報からだけでは感じられない、ハイカーの生の言葉で語られる旅の記憶や記録。またそのハイカー自身の人柄。そこには旅への憧れや臨場感を刺激してくれる、豊かでリアリティある情報が溢れています。是非、あなたの旅のきっかけをつかみに遊びにきてください。

※『LONG DISTANCE HIKING』:TRAILSの出版レーベル第一弾として出版した書籍。Hiker’s Depot(ハイカーズデポ)長谷川晋氏による、自身の経験と数多くのロング・ディスタンス・ハイカーのリアルな声をもとに制作した、日本初のロング・ディスタンス・ハイキングにフォーカスした書籍。

TAGS:


RELATED

『LONG DISTANCE HIKERS DAY 2022』開催! – 4...
LONG DISTANCE HIKER #07 河西祐史 | ロングトレイル...
IN THE TRAIL TODAY #12|トレイルタウンも満喫するJMT...

LATEST

アルバニア・ヴョサ川 ヨーロッパ最後の原生河川、パタゴニアの映画『Blue ...
アルバニア・ヴョサ川 ヨーロッパ最後の原生河川、パタゴニアの映画『Blue ...
アルバニア・ヴョサ川 ヨーロッパ最後の原生河川、パタゴニアの映画『Blue ...

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜...
SKI HIKING | #05 BCクロカン2021 Second Sea...
TRAIL TALK #007 Tomokazu Ihara / 井原 知一...

POPULAR

井原知一の100miler DAYS #07 | 走る生活(天狗60耐)...
ジェフ・キッシュのHIKER LIFE with PNT | #06 パシフ...
北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編)...

STORE

GARAGE

WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る 

TAGS

RECOMMEND

HAMMOCKS for Hiker | ハンモックのA to Z 〜ハイカーのためのハンモック〜
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
NIPPON TRAIL #07 摩周・屈斜路トレイル + 釧路川 HIKING & PACKRAFTING 〜【前編】美留和 to 砂湯 ハイキング

POPULAR

ジェフ・キッシュのHIKER LIFE with PNT | #06 パシフィック・ノースウエスト・トレイルのスルーハイキング (その2)
北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編) 湯俣〜三俣山荘
IN THE TRAIL TODAY #09|無理なく余裕を持って楽しむJMTのセクションハイキング5days

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

MYOG KIT #02 ULコンテナ
TRAILS SPECIAL BOX (2022 SUMMER)
KARL STRAUSS / BOAT SHOES IPA (カールストラウス / ボート シューズ ヘイジーIPA)
STILLWATER ARTISANAL ALES / GOSE GONE WILD (スティルウォーター / ゴーゼ ゴーン ワイルド)
HARLAND / HAZY IPA (ハーランド / ヘイジーIPA)
MIKKELLER SAN DIEGO / RASPBERRY BLUSH (ミッケラーサンディエゴ / ラズベリー ブラッシュ)
DRAKE’S BREWING / AROMA COMA (ドレイクス / アロマ コーマ)
HERECTIC BREWING / YOU CAN’T HANDLE THE JUICE (ヘレティック / ユーキャントハンドルザジュース)
MIKKELLER SAN DIEGO / GEEK BREAKFAST (ミッケラーサンディエゴ / ビアギークブレックファースト)

RELATED

『LONG DISTANCE HIKERS DAY 2022』開催! – 4月23日 (土...
LONG DISTANCE HIKER #07 河西祐史 | ロングトレイルを通してアメリ...
IN THE TRAIL TODAY #12|トレイルタウンも満喫するJMTのセクションハ...

LATEST

アルバニア・ヴョサ川 ヨーロッパ最後の原生河川、パタゴニアの映画『Blue Heart』の...
アルバニア・ヴョサ川 ヨーロッパ最後の原生河川、パタゴニアの映画『Blue Heart』の...
アルバニア・ヴョサ川 ヨーロッパ最後の原生河川、パタゴニアの映画『Blue Heart』の...