TRAILS REPORT

HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2022 #03 ハンモックの周辺ギア(前編)

2022.06.03
article_image

取材・文・構成:TRAILS

『HAMMOCKS for Hiker 2022』のアフターレポートとして、全7回でお届けする特集記事『ハンモックギア2022』。第3回の今回は「ハンモックの周辺ギア(前編)」。ハンモック・キャンプに使えるキルトやビビィ、タープなどを中心に紹介する。

3年ぶり5回目の開催となった『HAMMOCKS for Hiker』は、2016年から開催している「ハンモックを使った、ハイキングの旅」を提案するイベントだ。

ハイキングで使える軽量でコンパクトなハンモックを中心に、ウッドストーブなどハンモック関連ギアも勢揃い。これだけの数のハイキング向けハンモックを、実際に触って、座って、寝て、試せるイベントは『HAMMOCKS for Hiker』だけ、といっても過言ではない。

今年の特集記事では、注目のハンモックや、個性あふれるさまざまな周辺ギア、TRAILS独自のリサーチ結果、ユーザーの声など、面白くて役に立つ情報満載のコンテンツをお届けしていく。では、第3回のレポートをお楽しみください。


『HAMMOCKS for Hiker 2022』では、ハンモックはもちろん、ハンモック関連の周辺ギアもたくさん集まった。

AXESQUIN / Hammock Bivy Tyvek (アクシーズクイン / ハンモック ビビィ タイベック)


【重量】301g (本体290g、収納袋11g) 【価格 (税込)】19,250円

ハンモック専用のビビィという、新発想のギア。保温性と耐候性をブーストしてくれる、ハンモック泊における新たな選択肢となるギアだ。

ハンモックは野ざらしゆえに、キルト等で覆ってもステッチ部分がコールドスポットにならざるを得ない。そこでさらにもう1枚覆うことで保温性を高めようとしたのが、開発の発端。

誕生までには数々の試行錯誤があったそうだ。裏地に防水膜をコーティングした薄い生地も試したが、風が強いと薄手のレインウェアやウインドシェル同様、冷たさを感じてしまう。そこで、ある程度の生地厚が必要だとわかり、最終的に遮熱効果のあるアルミ蒸着のタイベックを採用することになった。

タープとこのビビィを併用すれば、風や雨などに対する耐候性をさらに上げられる。厳冬期であればキルト等と組み合わせて保温力をブーストすることも可能だ。

また上部に設けられた3カ所のループにショックコードを結んでリッジラインと接続すれば、上側の空間が生まれ居住性もアップ。顔側にベンチレーションも1つ付いているので、換気性も充分。随所に工夫が見られる新しいハンモックギアである。

THERM-A-REST / Corus 0℃ (サーマレスト / コーラス 0℃)


【重量】561g 【価格 (税込)】35,200円

『HAMMOCKS for Hiker 2022』で、イベント初披露となった新作キルト。快適温度は5℃、限界温度は0℃のスリーシーズンモデル。

ハンモック泊でのスリーピングマットの使用に関しては、“ズレ” が最大の課題だった。ハンモックの冷え対策でクローズドセルを用いた際に、ズレてしまって熟睡できなかったという経験がある人もいるはずだ。

ことハンモックにおいては、エアマットのほうが、嵩 (かさ) も張りもあり、クローズドセルと異なり折れにくく体勢も安定するため、相性がいい。さらに、このCorusには、背面にSYNERGYLINK CONNECTORS (シナジーリンク・コネクターズ) という独自開発のストラップが搭載されており、スリーピングマットと一体化するのだ。

特に、同じブランドのNeoAir XLite (ネオエアー Xライト) レギュラーサイズとのフィット感は抜群で、まさにシンデレラフィット。寝返りをしても、横向きになってもマットがズレることがない。実際、TRAILS編集部もこれを使用してみたが、マットがしっかりと固定されたまま快適に朝まで熟睡することができた。

COCOON / Hammock Underquilt Down (コクーン / ハンモック アンダーキルト ダウン)


【重量】660g (本体重量594g) 【価格 (税込)】27,280円 ※写真のハンモック (COCOON / Ultralight Hammock) は別売。

750フィルパワーの撥水ダックダウンを400g封入した、アンダーキルト。撥水ダウンに加えて、表面に採用している20デニールナイロンも耐久性撥水 (DWR) 加工済みで、湿気や濡れに強く、保温力に優れているのが特徴である。

さらに、同ブランドのUltralight Hammockのサイド部分のループに取り付けるアタッチメントも付属。そのため、この2つを組み合わせるとハンモックとアンダーキルトの隙間ができにくく、より保温性能を高めることができる。

KAMMOK / Insulated Pongo Pad (カモック / インシュレーテッド ポンゴ パッド)


【重量】730g 【価格 (税込)】32,780円

ハンモック泊での使い勝手に優れた、インサレーション内蔵のスリーピングマット。

独特のテーパードデザイン (肩から腰にかけて幅が広く、下半身が細い) は、幅広のショルダーボックスがハンモックの生地を押し広げて、平らかつ広いスペースを生み出してくれる。ハンモックとの組み合わせを想定して設計されたマットである。

またマットの背面は、表面とは異なる滑り止め効果のあるスウェードのような素材を採用。ハンモック本体の生地にしっかりグリップし、睡眠中にズレることがないつくりになっている。

マット内部の合成断熱材に、Bluesign認証 (※) 取得の素材を用い、環境に配慮しているのも特徴である。

※ Bluesign認証:繊維・アパレル業界において、持続可能なサプライチェーンを経た製品に付与される認証で、世界で最も厳しい基準とも言われている。スイスに拠点を置くブルーサイン・テクノロジーが運営・管理を行なっている。

ENO / ProFly™ Rain Tarp Prints (イーノ / プロフライ レインタープ プリント)


【重量】624g (ペグを含む) 【価格 (税込)】17,050円

ENOのハンモック用タープのスタンダードモデル、ProFly™ Rain Tarpのプリント柄モデル。

素材に70Dリップストップナイロンを用いているため、防水性と耐久性に優れているのは言わずもがな。長辺3.2m、短辺1.9mというサイズも絶妙で、大抵の軽量ハンモックをカバーする大きさになっている。

さらに特筆すべきは、ENOが大事にするレイドバックなスタイルを表わすような、このプリント柄。一見、ただのデザインに思えるかもしれないが、実際にこの下でハンモックに寝てみると、想像以上に明るく、華やかで、特別な空間に包まれている心地がするのだ。曇天や悪天候時であっても、気分がアガること間違いなし。

EXPED / Solo Tarp (エクスペド / ソロタープ)


【重量】330g 【価格 (税込)】22,000円

生地厚の薄い15Dリップストップナイロンを用いた、重量330gの軽量タープ。サイズは、300×190cm。

8カ所にループがあり、すべてにガイラインおよび自在 (スライドロック) が付属。テンションの調整が容易なだけではなく、タープ側で調整ができるため、悪天時に外に出る必要がない。

しかもこの8カ所すべてにメッシュポケットが搭載されているため、ガイラインをポケットに押し込むだけで簡単に収納できる。撤収時にガイラインを畳んで結んでという作業が一切不要なのは、ストレスフリーで実に嬉しい。まさに、EXPEDらしいユーザビリティに優れたギア。イベントでも多くの人が使っていたのも納得である。

ENO / Underbelly™ Gear Sling (イーノ / アンダーベリー ギアスリング)


【重量】113g 【価格 (税込)】3,300円

ハンモックの下にセッティングするだけで、あらゆる荷物を地面に置くことなく収納することができるギアスリング。重量113gと軽量ながら、耐荷重は22kgもあるので重めの荷物も入れることができる。

ハンモックの大きなメリットのひとつは、斜面であろうと地面が濡れていようと、お構いなしに設営して宿泊できること。そのメリットを最大限活かす上でも、このギアスリングは重宝する。

必要なものを寝ながら出し入れできる便利なギアなので、特に、野営を含むハンモック・ハイキングにおすすめだ。

KAMMOK / Swiftlet (カモック / スウィフトレット)


【重量】7,940g 【価格 (税込)】42,900円

このポータブルハンモックスタンドがあれば、ハイキングのときだけではなく、屋内や庭、また木に直接ハンモックを設営するのがNGのキャンプ場など、いろんな場所でハンモックを楽しむことができるようになる。

ゆったり寝そべることができるラウンジモード、座って使用するチェアモードと、シチュエーションや気分に応じて2つのモードを選択することができる。また、両サイドのアームには11個の調整ポイントがあり、スライドするだけで自分好みのベストな高さが手に入る。

持ち運びもしやすいように、肩にかけて持ち運べるトラベルバッグも付属している。


至るところにハンモックが張られた独特の雰囲気の『HAMMOCKS for Hiker 2022』。まさに、ハンモックの一大フェスである。

『ハンモックギア2022 #03』では、ハンモックの周辺ギアを8プロダクトを紹介した。

次回の『ハンモックギア2022 #04』では、さらに14個ものハンモック周辺ギアをピックアップ。ストーブや焚き火台から、ナイフ、ランタン、浄水器まで、ハンモック・ハイキングで使えるギアをお届けする。

TAGS:


RELATED

HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2022 #01 注...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2022 #02 注...
HAMMOCKS for Hiker | 開催直前! ハンモックブランド &...

LATEST

パックラフト・アディクト | #58 ポーランドのブダ川、ソロ・パックラフテ...
ツール・ド・トモ (T.D.T) | 100mileのグループラン (井原知...
井原知一の100miler DAYS #13 | 走る生活(彩の国100mi...

RECOMMEND

パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな...
TRAILS環境LAB | トレイルズなりの “ 大自然という最高の遊び場の...
TRAIL TALK #007 Tomokazu Ihara / 井原 知一...

POPULAR

FAMILY HIKING | #01 Newzealand (長男4歳0ヶ...
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関...
NIPPON TRAIL #07 【ギアレビュー・後編】 摩周・屈斜路トレイ...

STORE

GARAGE

WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る 

TAGS

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜伊藤正一の衝動と情熱〜
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな2人艇のススメ〜

POPULAR

FAMILY HIKING | #01 Newzealand (長男4歳0ヶ月) はじめての海外ファミリー・ハイキング
北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編) 湯俣〜三俣山荘
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

KARL STRAUSS / BOAT SHOES IPA (カールストラウス / ボート シューズ ヘイジーIPA)
STILLWATER ARTISANAL ALES / GOSE GONE WILD (スティルウォーター / ゴーゼ ゴーン ワイルド)
HARLAND / HAZY IPA (ハーランド / ヘイジーIPA)
MIKKELLER SAN DIEGO / RASPBERRY BLUSH (ミッケラーサンディエゴ / ラズベリー ブラッシュ)
DRAKE’S BREWING / AROMA COMA (ドレイクス / アロマ コーマ)
HERECTIC BREWING / YOU CAN’T HANDLE THE JUICE (ヘレティック / ユーキャントハンドルザジュース)
MIKKELLER SAN DIEGO / GEEK BREAKFAST (ミッケラーサンディエゴ / ビアギークブレックファースト)
KNEE DEEP BREWING / TAHOE DEEP IPA (ニーディープ / タホ ディープインペリアル IPA)
銀山街道ALE / 330ml×6本

RELATED

HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2022 #01 注目のハンモック...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2022 #02 注目のハンモック...
HAMMOCKS for Hiker | 開催直前! ハンモックブランド & 注目ギアの紹...

LATEST

パックラフト・アディクト | #58 ポーランドのブダ川、ソロ・パックラフティング3DAY...
ツール・ド・トモ (T.D.T) | 100mileのグループラン (井原知一の100mi...
井原知一の100miler DAYS #13 | 走る生活(彩の国100mile)...