TRAILS REPORT

LONG DISTANCE HIKER #16 増田純子 | ロング・ディスタンス・ハイキングを毎年続ける生活

2023.03.08
article_image

話・写真:増田純子 取材・構成:TRAILS

What’s LONG DISTANCE HIKER? | 世の中には「ロング・ディスタンス・ハイカー」という人種が存在する。そんなロング・ディスタンス・ハイカーの実像に迫る連載企画。

何百km、何千kmものロング・ディスタンス・トレイルを、衣食住を詰めこんだバックパックひとつで歩きとおす旅人たち。自然のなかでの野営を繰りかえし、途中の補給地の町をつなぎながら、長い旅をつづけていく。

そんな旅のスタイルにヤラれた人を、自らもPCT (約4,200km) を歩いたロング・ディスタンス・ハイカーであるTRAILS編集部crewの根津がインタビューをし、それぞれのパーソナルな物語を紐解いていく。

* * *

第16回目に紹介するロング・ディスタンス・ハイカーは、増田純子 (ますだ じゅんこ) a.k.a. Juneさん。

純子さんは、2006年にカミーノ・デ・サンティアゴ (※1)、2009年にJMT (※2)、2012年にPCT (※3) をスルーハイキングし、2014年以降は毎年のようにCDT (※4) をセクションハイキングしているハイカーだ。

昨年に関しては、CDTだけではなくAT (※5) のセクションも歩き、さらに年末から2023年の2月末にかけてはニュージーランドのテ・アラロア (※6) の南島も歩いた。

とにかく歩きまくっているロング・ディスタンス・ハイカーである純子さんに、なぜそこまで歩いているのかを聞いた。


2009年にスルーハイキングしたJMTにて。

JMTのスルーハイキングが楽しすぎて、もっと長く続けられるPCTへ。


ついこの間ハイキングしてきたばかりの、テ・アラロア。

—— 根津:つい先日テ・アラロアの南島を歩き切って帰国したばかりですね。毎年のようにどこかのトレイルを歩いていますが、そもそもロング・ディスタンス・ハイキングのきっかけは何だったんですか?

 
増田:「20代前半に時間さえあれば海外旅行に出かけていたんですが、そんななかで2004年にカミーノ・デ・サンティアゴという巡礼道がスペインにあることを知ったんです。それで歩いてみたくなったんです」

—— 根津:また突然ですね。何があったんですか?

 
増田:「何かあったんだろうけど、ぜんぜん思いだせない (笑)。でも、5週間くらいかけて歩いて、ハッ!と思ったんです。私、歩くの好きなんだって」

—— 根津:それで次にJMTに興味を持ったわけですか。

 
増田:「いやそれが実は、スペインから帰国して次はATだ! って思ってたんです。アメリカにもよく行っていたこともあって、ATは知ってたんですよね。当時PCTは知りませんでした。それでATを歩く準備として、日本の山を歩くようになったんです」


JMTで用いたバックパックは、GoLiteのJAM。

—— 根津:でも、結局ATには行きませんでした。

 
増田:「日本の山を歩いていて、もうちょっと荷物を軽くしたいなぁと思ってたんです。それでいろいろ調べていたら、オープンしたばかりのハイカーズデポがでてきて、それでデポに行ったのが運命の出会いでしたね。土屋さんにAT行きたいです! でも人が多いのは好きじゃないです! って相談してたら、じゃあ試しにJMT行ってみれば? って勧められて、はい! って言ってJMTをスルーハイキングしに行きました。それが2009年です」


2012年にスルーハイキングしたPCT。600mile地点にて。

—— 根津:さらに3年後の2012年にはPCTをスルーハイキングしました。JMTでは物足りないという感じだったんですか?

 
増田:「JMTをゆっくり3週間かけて歩いたんですが、正直、もう終わっちゃうのかぁって思ったんです。帰りたくありませんでした。JMTは本当にキレイで美しくて、人生初の感動! って思うくらいだったんです。PCTだったら、こんな美しい光景がずっと続くのか、いいなぁと。そんな浅はかな考えで歩きに行きました (笑)」

キレイな景色を「キレイだねぇ」って言い合いながら二人で旅するのが楽しい。


PCTのノーザンターミナス (カナダとの国境地点) にて。右は、PCTで出会い、のちのパートナーとなったマット。

—— 根津:2012年にPCTを歩いたあと、2014年からは毎年のようにCDTをセクションハイキングしています。何が純子さんをロング・ディスタンス・ハイキングに駆り立てているんですか?

 
増田:「元々は、実家に住んでいたこともあって、ひとりになりたくて歩きに行ってたんですよね。

あとは、旅行に行くとお金がかかるけど、山なら交通費とテント泊代くらい。食料は家から何か持って行くことが多かったですし。

安価で長く楽しめて、かつひとりになれる場所を探してハイキングしていました。地図を見て道を繋げるとどんどん長くできますし。そう言えば、2006年くらいに四国のお遍路もぜんぶ歩きましたね」

—— 根津:でも2012年にPCTでマット (のちのパートナー) と出会ってからは、いつも一緒に歩くようになりました。もうひとりになりにいくわけではないですよね。今は何が楽しいんですか?

 
増田:「正直に言うと楽しくないかも (笑)。だってハイキングってしんどいこともあるじゃないですか。私は高いところから稜線を見たり、山並みを見たりするのが好きなんですけど、特に日本の山は山の上までいくのがしんどくて」


ATで咲き乱れていた花。花を見ながらのハイキングは最高に楽しかった。

—— 根津:いやいや、毎年楽しそうに歩いているじゃないですか。去年も春から夏にかけてはATとCDTをセクションハイキングしてましたし。

 
増田:「歳をとってきたこともあって場所を選ぶようにはなりました。ATは標高が低いのに、花がすごくキレイで超楽しかったです。鳥が多かったのも良かった。テントで朝を迎えて、鳥のさえずりで目が覚めるんです。で、起きて歩きはじめると花がいっぱい咲いている。そんな生活って幸せですよね」

—— 根津:マットと二人で歩くというのは、ひとりのときとは違いますか?

 
増田:「すごくキレイな景色を見て、キレイだねぇって言い合える人がいるのはいいなと思いました。何事もシェアする楽しみがありますよね。一日歩き終えてテントに入ったときも、二人のほうが1日を振り返っていろいろ話せるし、明日の予定も相談できる。そういうのはひとりよりも断然楽しいですね」

歩くのはタダだし、とにかく気軽。だから、ついつい歩いてしまう。


トレイル沿いでのテント泊も幸せな時間。

—— 根津:今後、歩きたいトレイルはあるんですか?

 
増田:「CDTは継続して歩きつづけるつもりで、今年残りを歩き切れたらと思っています。あとは、昨年友人が歩いていて興味を持ったのが、イギリスのCOAST TO COAST。距離は約300kmです。1,000kmを超えると大変なので、今はこのくらいがちょうどいいかなと思っています」

—— 根津:パッと答えが返ってくる感じからしても、やっぱり歩くのは好きなんですね。

 
増田:「そうなのかなぁ。でも、マットと『次、どこのトレイル行く?』みたいな話をちゃんとすることはなくて。マットは計画を立てるタイプじゃないし、私は面倒くさがりだから、いつも、ここに行ってみよっかーっていうノリで決める感じなんです」


自宅のある東京は羽村市近くにある、多摩川の土手。

—— 根津:毎年きっちり計画を立てているのかと思ってました。

 
増田:「やっぱり歩くっていうのは、気軽なところがいいじゃないですか。自分のカラダさえあればさっと行ける。

私たちは5年前に東京の多摩エリアにある羽村市に引っ越してきたんです。目の前が多摩川の土手で、そこから羽田空港までが54km。コロナの時期に遠くに行けないから、二人で歩いてみたんですよね。羽田まで行って飛行機見て、蒲田あたりに1泊して、翌日また歩いて帰ってきました」

—— 根津:歩くのめちゃくちゃ好きじゃないですか。

 
増田:「歩くのはタダだし、二人とも暇だからだよ (笑)」


2014年から毎年セクションを歩き続けているCDTは、今年歩き終える予定。

This is LONG DISTANCE HIKER.


『 歩き旅の日常化 』
 
国内外のトレイルを毎年のように歩きに行くハイカーはたくさんいるが、純子さんほど普段からロング・ディスタンス・ハイキングを実践している人を、僕は知らない。
 
純子さんは、毎年海外のロングトレイルを歩きに行っている。アメリカを中心にスペイン、ニュージーランドなど、さまざまなタイプのトレイルを歩く。そして日本のトレイルもよく歩く。「歩くのはタダだから」と彼女は言うが、長く歩くことが好きで、日常的に歩き旅がつねに彼女の頭のなかにあるのだ。純子さんにとっては、道があれば、そこがロング・ディスタンス・ハイキングのフィールドになるのだ。
 
それぞれのロングトレイルでしか見られない景色や、味わえない経験はある。でも純子さんは、それ以上に、歩くという行為を純粋に楽しんでいるように思えた。
 

根津貴央

 
※1 カミーノ・デ・サンティアゴ:キリスト教の聖地であるスペインはガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへと続く巡礼道のこと。フランスの「トゥールの道」「リモージュの道」「ル・ピュイの道」「トゥールーズの道」、スペインの「フランスの道」など、さまざまなルートが存在する。

※2 JMT:John Muir Trail (ジョン・ミューア・トレイル)。アメリカ西部のヨセミテ渓谷から米国本土最高峰のホイットニー山まで、シエラネバダ山脈を南北に貫く211mile (340㎞) のロングトレイル。ハイカー憧れのトレイルで、「自然保護の父」として名高いジョン・ミューアが名前の由来。

※3 PCT:Pacific Crest Trail (パシフィック・クレスト・トレイル)。メキシコ国境からカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州を経てカナダ国境まで、アメリカ西海岸を縦断する2,650mile (4,265㎞) のロングトレイル。アメリカ3大トレイルのひとつ。

※4 CDT:Continental Divide Trail (コンチネンタル・ディバイ・トレイル)。メキシコ国境からニューメキシコ州、コロラド州、ワイオミング州、アイダホ州、モンタナ州を経てカナダ国境まで、ロッキー山脈に沿った北米大陸の分水嶺を縦断する3,100mile (5,000km) のロングトレイル。アメリカ3大トレイルのひとつ。

※5 AT:Appalachian Trail (アパラチアン・トレイル)。アメリカ東部、ジョージア州のスプリンガー山からメイン州のカタディン山にかけての14州をまたぐ、2,180mile (3,500km) のロングトレイル。アメリカ3大トレイルのひとつ。

※6 TA:Te Araroa (テ・アラロア)。ニュージーランドの北島から南島を縦断する、総延長3,000kmのトレイル。

TAGS:


RELATED

『LONG DISTANCE HIKERS DAY 2023』4/22-23...
LONG DISTANCE HIKER #15 丹生茂義 & 清田勝 | ハ...
LONG DISTANCE HIKER #14 佐藤有希 | トレイルをつく...

LATEST

MAKE YOUR OWN GEAR | 【大量入荷・第5弾!】 ULギアの...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2024 #04 ハ...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2024 #03 ハ...

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜...
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスル...
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな...

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編)...
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘...
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関...

STORE

GARAGE

WRITER
根津 貴央

根津 貴央

1976年、栃木県宇都宮市生まれ。幼少期から宇宙に興味を抱き、大学では物理学を専攻。卒業後、紆余曲折を経て広告業界に入り、12年弱コピーライター職に従事する。2012年に独立し、かねてより憧れていたアメリカのロングトレイル「パシフィック・クレスト・トレイル(PCT/総延長4,265km)」のスルーハイクのために渡米。約5カ月間歩きつづける。2014年には「アパラチアン・トレイル(AT/総延長3,500km)」の有名なイベント「Trail Days」に参加し、約260kmのセクションを歩く。同年より、グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)を踏査する日本初のプロジェクト『GHT Project(www.facebook.com/ghtproject)』を仲間と共に推進中。2018年4月、TRAILSに正式加入。著書に『ロングトレイルはじめました。』(誠文堂新光社)、『TRAIL ANGEL』(TRAILS) がある。

>その他の記事を見る 

TAGS

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜伊藤正一の衝動と情熱〜
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな2人艇のススメ〜

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編) 湯俣〜三俣山荘
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関内)

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

LONG DISTANCE HIKER【予約販売】
ULTRALIGHT HIKER【予約販売】
ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル
ウエストベルト
ボトルホルダー
アンブレラホルダー
コンプレッションコード
アイスアックスループ
TRAILS SPECIAL BOX (2023 SUMMER)

RELATED

『LONG DISTANCE HIKERS DAY 2023』4/22-23開催 & 事前...
LONG DISTANCE HIKER #15 丹生茂義 & 清田勝 | ハイキングバディ...
LONG DISTANCE HIKER #14 佐藤有希 | トレイルをつくる側の立場で、...

LATEST

MAKE YOUR OWN GEAR | 【大量入荷・第5弾!】 ULギアのMYOGマテリ...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2024 #04 ハンモックの周辺...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2024 #03 ハンモックの周辺...