EVENT

『ロング・ディスタンス・ハイキング』という世界(パタゴニアストア全国5店舗で開催)

2023.10.04
article_image

TRAILSが誕生するずっと前からアウトドアにおける冒険的で刺激的なインスピレーションを与えてくれたパタゴニア「スピーカーシリーズ」。今回はそんなパタゴニアとTRAILSの共催で、『ロング・ディスタンス・ハイキング』という世界、をテーマにパタゴニアストア全国5店舗でトークイベントを開催することになった。

2023年で創業50周年を迎えたパタゴニア。これまで、サーフィン、クライミング、フライフィッシング、トレイルランニング、マウンテンバイク、スノーなど、各アクティビティごとにカテゴライズし、製品展開を行なってきた。

そのパタゴニアが、2022年に新たに設けた新カテゴリーが、『ハイク』。しかも、世界中で展開するパタゴニアの中で、ハイクカテゴリーを最初にローンチしたのが、日本なのだ。

今年から、このハイクカテゴリーのイベント第1弾がスタートする。その最初のイベントを、TRAILSが共催させてもらうことになった。

大自然へのリスペクトはもちろん、冒険的な刺激とフリー&イージーで遊び心ある世界観の融合がTRAILS的にはど真ん中なパタゴニアと、日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンとして、ロング・ディスタンス・ハイキングにフォーカスしてきたTRAILS。そんな2社による新たな試みに、ぜひ注目してほしい。

今回の『スピーカーシリーズ』では、スタイルの異なるハイカーたちが登場し、ロング・ディスタンス・ハイキングについて語る。

トークテーマ:『ロング・ディスタンス・ハイキング』という世界


 
『ロング・ディスタンス・ハイキング』とは、衣食住をバックパックに詰め込んで、数週間から数カ月もの間、野営と町での補給を繰り返しながら原生自然の中のトレイルをハイキングをする旅のこと。

登場するのはスタイルの異なるハイカーたち。定年退職後にアメリカ3大トレイルの一つを数ヶ月かけて歩いたハイカーや、自作した超軽量テントで旅したハイカー、小さな子供と一緒に海外を旅するハイカー、パックラフトとハイキングをミックスして旅するハイカーなど。

さまざまなスタイルのハイカーたちが、ロング・ディスタンス・ハイキングという世界について語り合う。

イベント情報


 
■タイトル
『ロング・ディスタンス・ハイキング』という世界

■日程および会場
10/16 (月) パタゴニア 横浜・関内
10/17 (火) パタゴニア 大阪
10/19 (木) パタゴニア 広島
10/24 (火) パタゴニア 名古屋
10/26 (木) パタゴニア 東京・渋谷

■時間(全て共通)
19:30開場 / 19:40開演 / 21:00終了

■参加費
無料(事前予約制・パタゴニアのWEBサイトからお申し込みください)

TAGS:


RELATED

PLAY!出社前に遊ぼう # 06 | TRAILS × 篠健司・佐々木拓史...
FAMILY HIKING | #01 Newzealand (長男4歳0ヶ...
LONG DISTANCE HIKER #06 筧啓一 | 60代からはじめ...

LATEST

コロラド・トレイル | #03 リサプライ (食料・ギアの補給)とアクセス編...
コロラド・トレイル | #02 ギアリスト編 by Tony(class o...
コロラド・トレイル | #01 スルーハイキング準備編(歩くきっかけとルート...

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜...
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスル...
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな...

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編)...
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘...
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関...

STORE

GARAGE

WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る 

TAGS

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜伊藤正一の衝動と情熱〜
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな2人艇のススメ〜

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編) 湯俣〜三俣山荘
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関内)

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

LONG DISTANCE HIKER【予約販売】
ULTRALIGHT HIKER【予約販売】
ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル
ウエストベルト
ボトルホルダー
アンブレラホルダー
コンプレッションコード
アイスアックスループ
TRAILS SPECIAL BOX (2023 SUMMER)

RELATED

PLAY!出社前に遊ぼう # 06 | TRAILS × 篠健司・佐々木拓史(patago...
FAMILY HIKING | #01 Newzealand (長男4歳0ヶ月) はじめて...
LONG DISTANCE HIKER #06 筧啓一 | 60代からはじめたロング・ディ...

LATEST

コロラド・トレイル | #03 リサプライ (食料・ギアの補給)とアクセス編 by Ton...
コロラド・トレイル | #02 ギアリスト編 by Tony(class of 2023)...
コロラド・トレイル | #01 スルーハイキング準備編(歩くきっかけとルート選定)by T...