STORE

【再入荷!】 TRAILS × Hariyama Productions | 島根madeの柚子とお米を使ったクラフトビール『銀山街道ALE』(6本セット)

2020.04.24
article_image

外に遊びにいきたい! 旅に出かけたい! その気持ちわかります。TRAILS編集部もみんな同じ気持ちです。でも今は、いかにして家で楽しむかが大切な時。

暖かくなり始めた季節に合わせ、TRAILSオリジナルの『銀山街道ALE』が再入荷しました。家でトレイルのことに思いをはせながら、気持ちをブーストしてくれる素敵な相棒です。WEB MAGAZINEは変わらず記事を更新していきますので、『銀山街道ALE』を片手にぜひ楽しんでください!

『銀山街道ALE』 は “ NIPPON TRAIL ” の旅から生まれたビールです。このビールは、NIPPON TRAIL #01で紹介した島根県「銀山街道」を一緒に旅した仲間、Hariyama Productionsの三浦兄弟とコラボレーションして、「島根の素材」「島根のブリュワリー」にこだわって製造した、島根madeのクラフトビールです。

その最大の特長である厳選した「島根の素材」を紹介します。

_B1A0049TRAILS_HammocksForHiker2018
Cheers!! みんな『銀山街道ALE』を持って旅に出よう!

bottun



島根県雲南市で木色健二さんが栽培する「柚子」



ALE_shimane_04
木色健二さんは、生まれも育ちも島根県雲南市。

原材料に使用している柚子は、TRAILS編集部crewの佐井和沙の父、木色健二さんが島根県雲南市で栽培。40年前に健二さんのお父さんが植えたという、歴史ある柚子です。

自然豊かなこの地は、山から流れてくる水と自然の落葉による肥沃な土壌が特徴で、柚子の木のまりには沢わさびが生えているほど。

ALE_shimane_05
40年前に木色さんのお父さんが植えた柚子の木を、10年前から自らで管理し収穫している。

そして、より美味しい柚子づくりのために、木色さんは近くの牧場からバーク堆肥と呼ばれる樹皮(バーク)を用いた有機質の肥料を仕入れ、もみ殻と一緒に入れて、ホクホク、サラサラの土をつくっています。しかも無農薬。

結果、香りが高く味が濃い柚子が育つのです。

そんな柚子を使用した『銀山街道ALE』は、口に含んだ際に芳醇な柚子の香りがパーッと広がり、爽快ですっきりとした後味になっています。どんな食事にも合わせやすく、何杯でも飲めてしまうほどの飲みやすさです。



島根県浜田市で三浦康敬さんが育てている「お米」



ALE_shimane_03
代々受け継いできた田んぼを、約10年前、三浦康敬さんが退職後に本格的に手がけるようになった。

原材料に使用しているお米は、Hariyama Productionsを運営する三浦兄弟の父、三浦康敬さんが島根県浜田市弥栄町(やさかちょう)でつくる、通称「ヤスタカ米」。

三浦家が代々受け継いできた肥沃な田んぼで、このヤスタカ米(コシヒカリ)はつくられています。

おいしさの秘訣は、ここならではの自然環境!

島根県の三隅川(みすみがわ)水系と周布川(すふがわ)水系の分水嶺から流れてくる清らかな水、標高400mの地の大きな寒暖差、養分をたっぷり含んだ粘りのある土壌、それらすべてが相まって、甘くて艶やかなお米が生まれるのです。

ALE_shimane_02
農作業に勤しむ三浦さん。 photo by Kei Taniguchi

しかも、自然の恵みを大事にすべく、使用する農薬は最小限(減農薬米)。

『銀山街道ALE』は、このお米を使うことで、口あたりが柔らかく、すっきりした味わいになっているのです。



“NIPPON TRAIL” project から島根madeなクラフトビール『銀山街道ALE』



ba1f64c2bfb24bdd3b7dbaf382fe7ab8
ラベルのイラストは、島根県石見地方の伝統芸能「石見神楽」に登場するスサノオをモチーフにしたもの。

bottun

■ 銀山街道ALEについて
商品名:銀山街道ALE
アルコール:4.5%
ブリュワリー:石見麦酒
内容量:330ml × 6本セット
価格:4,800円(税込)
発売元:TRAILS × Hariyama Productions

■ Contact 〜 お問い合わせ 〜
TRAILS編集部:info@trails.co.jp
製品のご購入(お取り扱い)、イベント(講演)、その他ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

NIPPON TRAIL #01 銀山街道(島根/広島) 世界遺産・石見銀山から続く銀を運んだ道


NT_boso1_main
NIPPON TRAIL #05 房総・クジラの道 〜【前編】房総半島横断に見出した旅のテーマ


WRITER
トレイルズ

トレイルズ

佐井聡(1979生)/和沙(1977生)
学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していく。そして、2010年にアメリカのジョン・ミューア・トレイル、2011年にタスマニア島のオーバーランド・トラックなど、海外トレイルでの旅を通してトレイルにまつわるカルチャーへの関心が高まっていく。2013年、トレイルカルチャーにフォーカスしたメディアがなかったことをきっかけに、世界中のトレイルカルチャーを発信するウェブマガジン「TRAILS」をスタートさせた。

小川竜太(1980生)
国内外のトレイルを夫婦二人で歩き、そのハイキングムービーをTRAIL MOVIE WORKSとして発信。それと同時にTRAILSでもフィルマーとしてMovie制作に携わっていた。2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、TRAILSの正式クルーとしてジョイン。これまで旅してきたトレイルは、スイス、ニュージーランド、香港などの海外トレイル。日本でも信越トレイル、北根室ランチウェイ、国東半島峯道ロングトレイルなどのロング・ディスタンス・トレイルを歩いてきた。

[about TRAILS ]
TRAILS は、トレイルで遊ぶことに魅せられた人々の集まりです。トレイルに通い詰めるハイカーやランナーたち、エキサイティングなアウトドアショップやギアメーカーたちなど、最前線でトレイルシーンをひっぱるTRAILSたちが執筆、参画する日本初のトレイルカルチャーウェブマガジンです。有名無名を問わず世界中のTRAILSたちと編集部がコンタクトをとり、旅のモチベーションとなるトリップレポートやヒントとなるギアレビューなど、本当におもしろくて役に立つ情報を独自の切り口で発信していきます!

>その他の記事を見る