TRIP REPORT

フォロワーゼロのつぶやき 中島悠二 #22 飛龍山

2021.10.13
article_image

<フォロワーゼロのつぶやき> 中島君(写真家)による、山や旅にまつわる写真と、その記録の断面を描いたエッセイ。SNSでフォロワーゼロのユーザーがポストしている投稿のような、誰でもない誰かの視点、しかし間違いなくそこに主体が存在していることを示す記録。それがTRAILSが中島君の写真に出会ったときの印象だった。そんな印象をモチーフに綴られる中島君の連載。


#22「飛龍山」


奥秩父の飛龍山の頂上付近にいる(いた)。昨夜からの断続的な雨でぬかるんでいる。湿気。雨と汗が混じって流れる。たまに日が差してくるときがあって、草についた水は乾いてほしい。斜めの影が、ゆっくりと薄くなって、消えてなくなった。
この山に惹かれて、何度も来る。なんでだろうか、考える。

奥秩父の表に目立つ雲取山があって、その奥に隠れるのが飛龍山で、名前は派手なのに展望がなくて地味すぎる頂上が、看板がなかったら通り過ぎるほど、主張がなくてクール。

人が少なくてしんとして静か。ひとりで来てみると、ひとりがよく似合っている。山の懐深くにはいりこんだ、という感覚。奥秩父の“奥”が腹の底に感じられてぐっとくる。
山は寂しくないと嫌。

 

 

さっきから倒木に座っている。どうもこの頂上は、様子がおかしい。

今日は雨のせいで湿気てるからそうなのか、空気が重たくて、景色に色味がない。木はどれも細くてなさけない、樹皮が湿気でベロンとはがれて、生肌が剥き出しになっている。ところどころ倒れた木の破片は、爆撃でもうけて、破砕。それがそのまま放置されたみたいに散らばっている。

自然、という言葉から連想される、生と死の絶えまない新陳代謝が、ここにはない。活気がなく「時間に見離されている」といった印象。未来には進まないので、温度もなく、この倒木はこの先もずっと倒木であり続けるのだ。

力なく、写真の中のような世界の中で、動いているのは僕以外にもいて、蠅 (ハエ) がいる。2匹、小さな羽の音を震わせて、半分残しておいたスニッカーズを食べている、自分の頭部のまわりを飛んでいる。もう手ではらうこともやめた。眼で追いかけても、かわいくはない。親しみがわく、とも全然言えない。

「ここはお前のくるようなところではない」。
そう言われている気がする。

 

RELATED

フォロワーゼロのつぶやき 中島悠二 #21 躺平 (タンピン) 主義...
フォロワーゼロのつぶやき 中島悠二 #20 よこになりたい...
フォロワーゼロのつぶやき 中島悠二 #19 道は五目中華に至る...

RECOMMEND

#005 ARAITENT / アライテント – 「自立するツェルト」に潜むテントメーカー...
NIPPON TRAIL #07 摩周・屈斜路トレイル + 釧路川 HIKING & PA...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックのA to Z 〜ハイカーのためのハン...

POPULAR

PLAY!出社前に遊ぼう #01 | TRAILS × 小林大允(Answer4) 高尾で...
井原知一の100miler DAYS #07 | 走る生活(天狗60耐)...
NIPPON TRAIL #07 【ギアレビュー・後編】 摩周・屈斜路トレイル + 釧路川...

STORE

WRITER
中島悠二

中島悠二

写真家。
1981年 神奈川県川崎市生まれ。
新宿近辺在住。

写真の大学を卒業後、建築の教育現場のスタッフとして5年、その後フリー。静かな活動。ようやく最近インスタはじめる。2014年に歩いたジョンミューアトレイルがきっかけで、LONG DISTANCE HIKERS DAY(ハイランドデザイン & トレイルズ主催)にスピーカーとして参加。

TRAILS編集部のクルーとは、同時代的な感性で意気投合。その後、いままで公式に発表されてこなかった山や旅の写真を中心に、トレイルズでの連載を開始する。
WEB: www.sunagomikusa.info

>その他の記事を見る 

RECOMMEND

TRAILS環境LAB | トレイルズなりの “ 大自然という最高の遊び場の守り方 ” を STUDY (知る) × TRY (試す) で模索する
NIPPON TRAIL #07 摩周・屈斜路トレイル + 釧路川 HIKING & PACKRAFTING 〜【前編】美留和 to 砂湯 ハイキング
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックのA to Z 〜ハイカーのためのハンモック〜

POPULAR

TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関内)
PLAY!出社前に遊ぼう #01 | TRAILS × 小林大允(Answer4) 高尾でドボン
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘

STORE

HARIYAMA productions | Akana
¥38,500円(税込)
信越トレイル | 新版公式ガイドブック
¥1,980(税込)
信越トレイル | 公式マップ
¥500 / ¥750(税込)
MAKE YOUR OWN MIX
¥1,000 / ¥2,000(税込)
RIVER TRIP Tシャツ
¥5500(税込)
LONG DISTANCE HIKING
¥2,035(税込)
TRAILS LOGO Tシャツ
¥4950(税込)
PINT CUP
¥1528(税込)
TRAIL ANGEL
¥1320(税込)

RELATED

フォロワーゼロのつぶやき 中島悠二 #21 躺平 (タンピン) 主義...
フォロワーゼロのつぶやき 中島悠二 #20 よこになりたい...
フォロワーゼロのつぶやき 中島悠二 #19 道は五目中華に至る...