HIKING ESSAY

It’s a good day! #04 | テント場のセンチメンタル

2022.10.07
article_image

文・写真:鈴木拓海 構成:TRAILS

What’s “It’s a good day” ? | ロング・ディスタンス・ハイカーであり、バサーであり、スケートボーダーであるトレイルネーム Sunny (サニー) ことスズキタクミ。2021年よりTRAILS Crewにジョインしたタクミくんによる、ピースでイージーでちょっとおバカな気まぐれハイキングエッセイ。

なんとなくハイキング。で、なんとなくアメリカのあの⽇を思い出す。マストアイテムはウェイファーラーとラジオとハンバーガー。あとはULの屋根が切り取った三角窓のあの景色。それさえあれば、Itʼs a good day.

Sentimental


 
タクミです。今日もどこかのトレイルから、ごきげんよう!

バーガーをトレイルに持ち込んでかじりつけば、アメリカン・ハイキングの風が吹く。

ナイスなベンチを見つけて、ビックマックにかじりつく。焦るとノドに詰まらすぞ、そう思うけれど勢いは止められない。

紙に包んでもらってゴミの嵩を減らす作戦は成功。

カロリーを胃になじませて、立ち上がってバックパックを背負う。


 
なだらかに続くトレイルの先には海が見える。

雲の切れ間に光がさして、秋の海がきらめいている。

小雨が少し降る予報だけれど、それが旅を渋る理由にはなるまい。

海が見えるトレイルを歩いてきて、海が見えちゃうナイスなフラットを見つけてテントをピッチする。

贅沢にコーヒーを淹れる。

ラジオは昔よく聞いていたポップスを歌っている。

懐かしくて少しさみしい、何年も昔のアメリカを思い出す。


 
陽が暮れる直前に目標のキャンプサイトに到着して、先にあった一張のテントに声をかけようと近づくと、「こんにちは! 人!?」と大きめの声で挨拶が飛んできた。

「やあやあ、人だよ。お隣に泊まってもいいかい?」
「ああよかった。獣かと思って大きい声をかけたの。ごめんね」

そう言うと彼女はテントのファスナーをあげて顔を出してくれた。

「だいぶベアカントリー (クマの生息地) から離れてるから大丈夫じゃないかな。ご飯はもう食べた?」
「いいえ、これからよ」

雄大なる暗闇に囲まれながら、親愛なる小さな焚き火を挟んで自己紹介をする。彼女はブラジルから来たといって、オレは日本から来たと言う。ヨセミテの自然の中で、地球の反対側に住む人同士が中間地点で仲良くなる。

「彼がね、ひとりでアメリカに旅に行くっていう私をものすごく非難して。羨ましいんだか浮気が心配なんだか知らないけど、それで私も頭にきて、じゃあ人っ子一人いないところを旅してやるわよ、って見つけたのがこのトレイルなの。だからハイキングもキャンプもほとんど初めてで、ずっと緊張している気がするの。でも毎日、来てよかったって思えるほど美しいところね」

早口のポルトガル語訛りな英語で、一息にそう言うと彼女はからからと気持ちよく笑っている。

「それじゃあクマはおっかないね。ほんとはご飯はキャンプサイトで食べないほうが良いんだけどね……」
「そんなのだれも教えてくれなかった!でもご飯を食べて、また歩いてテントを張るのは少し億劫ねえ。明日からその作戦、頭に入れておくわ」

ブラジルにもステキなトレイルがあることを教わり、日本にもナイスなお山があることを伝える。そしてお互いに、このアメリカのトレイルも唯一無二でステキなところだね、と賛美する。

食事を終えて、お腹が温かいうちにテントに戻る。

「明日は何時ごろ起きるの? 私は寝坊する予定だから気にせずにね」
「6時くらいに目が覚めると思う。わかった、明日もいいハイキングを」
「あなたも! おやすみなさい」

寝袋に潜り込んだけれどしばらく寝付けなくて、iPodのプレイリストを手繰っていく。ふとテントの屋根をみると、やけに明るい。そうか、今日は満月だ。テントから這い出て、そうっと離れる。彼女はイビキをかいているので大丈夫そうだ。

暗がりの中、キャンプサイトの木々を抜けて開けた場所に出る。美しい山々のリッジラインがはっきりと見え、そこから顔を出す満月がこっちを照らしている。

ほう、と白い息を吐いて、なぜか昔つきあっていた恋人を思い出した。うすい唇とかわいいソバカスでよく笑う人だった。

過去はいつだって美しい。今も負けてないけどね。そんなことを思いながらまた、テントに潜り込む。明日は早めに出てリサプライの地へ到着してしまおう。ウィスキーをなめて目を瞑る。

It’s a good day!

TAGS:


RELATED

It’s a good day! #03 | ランドリーでのマイ・プレジャー...
It's a good day! #02 | ソリチュードを楽しめるかい?...
LONG DISTANCE HIKER #05 鈴木拓海 | 4回のスルーハ...

LATEST

WE ARE HIRING | TRAILS Crewを募集することになりま...
LONG DISTANCE HKING | 「コロラド・トレイル ギアレビ...
SKI HIKING | #11 トニー、サニー、ノブのBCクロカン・トリッ...

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜...
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスル...
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな...

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編)...
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘...
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関...

STORE

GARAGE

WRITER
鈴木拓海

鈴木拓海

2012年、2014年とJMT (ジョン・ミューア・トレイル) を2回スルーハイクし、2016年にPCT (パシフィック・クレスト・トレイル) 、2019年にCDT (コンチネンタル・ディバイド・トレイル) をスルーハイクした、ロング・ディスタンス・ハイカー。トレイルネームはSunny (サニー)。13歳からスケートボードを始めたスケーターでもあり、バスフィッシングをこよなく愛するバサーでもある。2021年10月にTRAILSにジョイン。

>その他の記事を見る 

TAGS

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜伊藤正一の衝動と情熱〜
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな2人艇のススメ〜

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編) 湯俣〜三俣山荘
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関内)

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

LONG DISTANCE HIKER【予約販売】
ULTRALIGHT HIKER【予約販売】
ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル
ウエストベルト
ボトルホルダー
アンブレラホルダー
コンプレッションコード
アイスアックスループ
TRAILS SPECIAL BOX (2023 SUMMER)

RELATED

It’s a good day! #03 | ランドリーでのマイ・プレジャー...
It's a good day! #02 | ソリチュードを楽しめるかい?...
LONG DISTANCE HIKER #05 鈴木拓海 | 4回のスルーハイキングで見つ...

LATEST

WE ARE HIRING | TRAILS Crewを募集することになりました!...
LONG DISTANCE HKING | 「コロラド・トレイル ギアレビュー 」(講師...
SKI HIKING | #11 トニー、サニー、ノブのBCクロカン・トリップ あまとみト...