TRIP REPORT

ジョン・ミューア・トレイル、12日間のハイキング&パックラフティング(後編・ギアリスト) | パックラフト・アディクト #74

2023.12.13
article_image

文・写真:Fumi Sakurai 構成:TRAILS

櫻井史彦 a.k.a バダさん (※1) によるパックラフティング・レポートの最終回。

今年の夏にバダさんは、ジョン・ミューア・トレイル (JMT ※2) を、ハイキングだけでなく、パックラフトを持ち込んで旅をしてきた。

ジョン・ミューア・トレイルを歩き、シエラネバダに点在する湖をパックラフティングで渡る旅だ。前編と中編でトリップレポートをお届けしたが、最終回となる後編では、旅で使用したギアを紹介する。

海外におけるハイキング&パックラフティングを実践するにあたり、バダさんはどんなギアを選び、どんな使い方をしたのでしょうか?

※1 バダさん:本名=櫻井史彦。hikerbirderというSNSアカウント名から、バダさんの愛称で親しまれている。2010年代前半の早い時期からパックラフトにはまって、以来、日本各地を漕いでいる。またギアホリックなULハイカーでもあり、そして鳥見好き (Birder) でもある。鳥見では、TRAILSの以下の記事で登場している。「PLAY!出社前に遊ぼう # 08 | TRAILS × Fumi Sakurai(hikerbirder) 鳥見(とりみ)」

※2 JMT:John Muir Trail (ジョン・ミューア・トレイル)。アメリカ西部のヨセミテ渓谷から米国本土最高峰のホイットニー山まで、シエラネバダ山脈を南北に貫く211mile (340㎞) のロングトレイル。ハイカー憧れのトレイルで、「自然保護の父」として名高いジョン・ミューアが名前の由来。


ギアホリックのバダさんが使用したギアとは?

ギアリスト for ジョン・ミューア・トレイル


 

 
※Base Weight (ベースウエイト) :水、食料、燃料などの消費するものを除いたバックパックの重量。背負うバックパックの重量を測るための基準であるため、ハイキング時に着用するウェアやシューズ等はベースウエイトに含まない。ベースウエイト4.5kg以下 (10ポンド以下)が、UL (ウルトラライト) の一般的な基準となっている。また消費するものを含めたバックパックの重量を、パックウエイトと呼ぶ。

僕は道具大好きマンなので、今回シエラに持参した道具をどんな考えで選んだかという説明を期待されているのだけど、実は一つ一つ吟味していなかった。

いつものハイキングの道具に加えてベアキャニスターと舟関連を持っていく、という程度に捉えていた。

ただし、パックラフトをする計画に変えたことで荷物のかさや重さが増えたのに合わせてバックパックを買い替えたり、少しは道具の入れ替えもした。

そこで、どのような考えで取捨選択をしたのかを、自分自身も振り返りながら紹介していく。

歩く:HIKING GEAR


[バックパック] Hyperlite Mountain Gear / Porter 70 (Porter 4400)

もともとは、JMTを歩く計画に合わせて「Zpacks / ARC Ultra 50」を購入した。クラシックなULギアの雰囲気を残しつつ、軽量フレームや背面メッシュなどを装備しているのがよかった。

背面メッシュは日本の蒸し暑い夏にぴったりで、国内での準備期間に各地を歩いたときはありがたみを感じたものだ。

しかし、ハイキングだけの予定だったのを、パックラフトも持参する計画にしたことによって荷物のかさと重さが増え、僕が持っているバックパックで対応できなくなったため、新しいバックパックを検討することになった。

バックパック本体だけでなくショルダーハーネスやウエストベルトが丈夫であること、パックラフトに積むときの防水性の高さ、そして出国までの3週間で入手できる条件で、「Hyperlite Mountain Gear / Porter 70 (Porter 4400)」(※3) を選択した。

HMGのPorterはシンプルな筒状の作りで、荷物の出し入れがしやすいし、パックラフトに積む際に安定する形状だ。デイジーチェーンに舟やパドルのような大物を外付けにして運べるのも便利。防水性は高いが、実際に舟を漕ぐときはパックライナーとして「Zpacks / Airplane Case」を併用することで、より確実な対策をした。

※3 計画変更した翌日にすぐハイカーズ・デポに行って入手できたのがこのPorter。Junctionのデカいやつがあれば、そっちを選んだかもしれない。


[シャツ] patagonia / Capilene Cool Daily Hoody, [ショーツ] Arc’teryx / Unknown, [ショーツ] patagonia / Multi Trails Shorts, [ベースレイヤー] Duckworth / Unknown, [ベースレイヤー] Smartwool / (Unknown), [ドライレイヤー] ACLIMA / WOOLNET SINGLET, [アンダーウェア] Duckworth / (Unknown), [アンダーウェア] Smartwool / (Unknown), [ニーウォーマー] Smartwool / (Unknown), [キャップ] Sunday Afternoons / Ultra Adventure Hat, [グローブ] mont-bell / CHAMEECE Fingerless Gloves, [傘] GoLite / Chrome Dome, [ソックス] Bedrock Sandals × injinji / Performance Split-Toe Socks, [ソックス] HIKER TRASH / Zen Socks “Hike & Run”, [シューズ] ALTRA / Lone Peak 7, [トレッキングポール] Zpacks / Carbon Fiber Staff, [パックライナー] Zpacks / Airplane Case, [サングラス] Oakley / Main link, [スタッフサック] HMG / 9L, [スタッフサック] SEA TO SUMMIT / Ultra-Mesh Stuff Sack M, [スタッフサック] Ultralitesacks / Zippered Food/Bear Bag, [ファニーパック] Zpacks / Front Utility Pack

他、歩く道具として今回使用したのは、「Zpacks / Carbon Fiber Staff」。これはトレッキングポールというよりも、カーボンのテントポールのような見ためだ。杖と言うほうがしっくりくる。

この杖に「LuxuryLite / BigStik」のハンドストラップをセットして使った。これ一本にある程度の荷重をかけても問題なく、疲れたときに身体を預けたり、渡渉時の支えとしても安心感があった。パックラフト計画に変えて荷物が重くなったので、歩くときのよい相棒になった。

「LuxuryLite / BigStik」の本体を使わなかったのは、分解したときに武器っぽいから何かの拍子に咎めらそうな気がしたのと、Zpacksのほうが軽かったからだ。どちらにせよ、他に使っている人を見たことがないニッチなものだ。

漕ぐ:PACKRAFTING GEAR


[パックラフト] Alpacka Raft / Alpaca 2008

パックラフトは、「ALPACKARAFT / Alpaca 2008」。2008年のモデルは現行モデルに比べるとずいぶんと古いけど、小さくて軽いのが特徴。重量に関しては、現行モデルより数百gも軽い。

最新のAlpaca (今はClassicというモデルの、Smallサイズとして売っている) は、とくにスターン (船尾) まわりが進化して、お尻がすいぶん大きく、長くなっている。最新のは進化し過ぎて、この古いAlpacaとはまるで別モデルのような雰囲気。でも僕は、デザインも含めてこの古いモデルが好きだ。


[パックラフト] Alpacka Raft / Alpaca 2008, [バウバッグ] Alpacka Raft / Bow Bag, [パドル] Alpacka Raft / Sawyer Cedar Surge 5-piece paddles, [PFD] Kokatat / SeaO2, [マット] THERM-A-REST / Prolite XS, [サンダル] Bedrock Sandals / Cairn, [レインジャケット] Zpacks / Vertice Rain Jacket, [レンパンツ] Zpacks / Vertice Rain Pants

PFD (Personal Flotation Device, ライフジャケット) は、「Kokatat / SeaO2」。フォームとインフレータブルのハイブリッドモデル。インフレータブルだとパンクしたら終わりだけど、このモデルはフォームも併用しているから軽量コンパクトでありながら、最低限の安全性を担保してくれる。

また今回パックラフトをするにあたり、標高3,000mの氷河湖であることを念頭において、どのようなパドリングウェアにするかを検討した。高所とはいえ夏場にドライスーツは過剰な気がするし、余計な荷物になりかねないので、レインウェアで間に合わせることにした。

JMTに行く前の準備期間中は、レインウェアはいつも愛用している「Zpacks / Vertice Rain Robe」という膝丈のレインコートを着ていた。レインパンツを省くことができるので、当初はJMTにも持参するつもりでいたが、パックラフトをするにあたって変更することにした。

ただ、川下りではなく湖を漕ぐので、濡れるにしてもたかが知れている。もし濡れたなら、歩きながら乾かすことにした。結局、同じZpacks、同じ素材のレインウェア上下「Zpacks /Vertice Rain Jacket, Vertice Rain Pants」を使うことにした。

Zpacksのレインウェアは軽量な3レイヤーで着心地はいいが、レインパンツを長ズボンとしても使っていたら岩で傷つけてしまった。UL素材は軽いけれど気を遣う。でも軽い。

サンダルに関しては、僕は普段からBedrock Sandalsを愛用しており、年間300日は履いている。春から秋はCairn 3D Pro II、冬場はMountain Clogだ。僕はもうヒザが痛くなるお年頃だけど、このサンダルを履くようになってからヒザの痛みが軽減したので信頼している。

今回は、3D Proより少し軽いCairnを携行した。パックラフトやその前後で使うことを想定し、水際でもグリップが効くものにした。

寝る:SLEEPING GEAR


[タープ] ENO / Sub 6, [ハンモック] Integral Designs / Siltarp 2, [ツリーストラップ] COCOON / Ultralight Hammock Straps

最近は山のなかで寝る手段としてハンモックを多用している。JMTもパックラフト計画に変更後は行動する地域に樹林が多くなったので、ハンモックで泊まることにした。またそれに合わせてシェルターを長方形型のタープに変更した。

持参したハンモックとタープは「ENO / Sub 6」と「Integral Designs / Siltarp 2」。

「ENO / Sub 6」は、友人が使用していて寝心地が良かったのと、後付けのリッジライン「ENO / Microtune Structural Ridgeline」とセットで使うと、あらかじめ心地よい張り加減をセットしておける。

長方形型のタープを選んだ理由は、ハンモック適地がない場合にも張りやすいタープにしたかったからだ。その点、張り慣れたSiltarp 2なら問題なかった。最近しまい込んでいた古いSiltarp 2がJMTで華麗に復活した(笑)。

湖畔のキャンプ地や下山後のレッズ・メドウでは、地べたにタープを張って泊まった。ハンモックまたは地べたで泊まる比率は半々だったので、長方形型のタープを選んで正解だったと思う。


[キルト] Bozeman Mountain Works / 20F (Nunatak ARC Prototype), [スリーピングマット] 山と道 / Minimalist Pad, [インサレーション (Jacket)] Hiker’s Depot / Down Jumper, [インサレーション (Hoodie)] Senchi Designs / Crew, [インサレーション (Pants)] Senchi Designs / Legging, [インサレーション (Socks)] OMM / Core Sock, [バグネット] Beans / UL Bug Net

キルトは、「Bozeman Mountain Works / 20F (Nunatak ARC Prototype)」という、Backpacking LightとNunatakが企画したプロダクト。のちの「Nunatak / Arc UL 20 Quilt」のプロトタイプ。

20F対応、つまり-6℃対応のキルトなので、温度域としてはこれで良かったと思う。ただ、ハンモックで使うと背中が寒い。クローズドセルマットでカバーしていたたけど、ちょっと足りなかったかも。アンダーキルトをはじめとした、ハンモック専用ギアのありがたみがわかった。

食べる:COOKING GEAR


[クッカー] Evernew / UL Pan 14cm, [リフター] MSR / LiteLifter, [カップ] Wild / Fold-a-cup, [カトラリー] Tritensil / Spoon & Folk/Knife mini, [カトラリー] 無印良品 / シリコーン ミニスプーン, [ストーブ] Primus / フェムトストーブ P-116, [風防] AntiGravityGear / Classic Wind Screen, [浄水器] Saywer / MICRO SQUEEZE FILTER, [ウォーターキャリー] Smartwater / 1L & 750ml, [ライター] clipper / Flint Gas Lighter, [布巾] Lightload Towels / Original, [マルチツール] (Unknown) / (Unknown), [カッティングボード] (Unknown) / (Unknown), [ベアキャニスター] BearVault / BV475

フードを入れるベアキャニスターについては、定番といえばBearVaultのフルサイズBV500 (7日分の食料想定サイズ。容量11.5L) だと思う。しかし、自分には受け入れがたい邪魔なサイズ感だったため、準備期間中に手に入れたBV450を試し、最終的に容量が2L少ないBV475を購入した。

自分に必要な容量を見極め、バックパックへの収納のしやすさを優先してBV475を選んだが、旅の途中で食料が底をつくような問題は起きなかった。

BV500より5cm以上も低いサイズは、バックパック内で横向きにしてコンパクトにパッキングできるので、パックラフトのパドル操作を妨げることもなく、結果としてよい選択だった。

ちなみに、「少ない容量=補給の頻度が増える」ことになるが、パックラフトをするしないに関わらず、気に入らないBV500を買うくらいなら補給を増やしてやるー、と考えて行程を組んでいた。

またカトラリーは、「Tritensil / Spoon & Folk/Knife」に加えて、「無印良品 / シリコーンミニスプーン」を持っていった。シリコン製のスパチュラ (へら) を使うと鍋が綺麗になって、片付けの際の紙を減らすことができる。

エマージェンシー・その他:EMERGENCY GEAR & OTEHRS


[ファーストエイド&エマージェンシーキット] AMK / Original, [虫除け] 3M / ULTRATHON INSECT REPELLENT LOTION, [バグネット] Beans / UL Bug Net, [ヘッドランプ] NITECORE / NU25 400L, [ヘッドランプシェード] Beans / ぼんぼり, [衛星通信デバイス] Garmin / inReach mini 2, [モバイルバッテリー] NITECORE / CARBO20000, NB10000, [トイレセット] matador / (Unknown), [スタッフサック] MASTER WORKS / (Unknown)

今回の旅で、はじめて「Garmin / inReach mini 2」を使った。inReach (※4) の必要性や携行するしないは個々の判断でいいと思う。僕はJMTから外れて行動することが多かったので、念のためにinReachを携行した。

もし普通にJMTを歩くとしたらinReachを携行したか? こんな時でもないとinReachに触れたり仕組みを理解する機会がないので、せっかくだから携行したと思う。

幸い緊急用にinReachを使うことはなく、家族へのメッセージと天気予報の機能のみを利用した。契約プランが一番安いものだったため、プランに含まれる無料の送受信数 (10通/月) はすぐに消費してしまった。送信だけでなく受信もカウントされるようだった。超過分は従量課金されるため気をつけないといけない。

ちなみに、米国にいる間は、電波の届かない場所でもiPhoneから衛星経由で緊急SOSを発信できるようだ。事前に設定すれば家族のiPhoneに位置情報を共有できそうだった。キャンプ地を共有する程度であればiPhoneで十分かも知れない。ただ緊急対応についてinReachとの違いを確認していないので、iPhoneがあれば十分とは考えていない。

さて、僕が便利と思った機能は天気予報だ。暇つぶしにinReachをいじっていたら天気予報を見られることに気がついた。例えば、雨や風が強くなってきたり、行く先に雷鳴が響いたときなど、天候の変化を感じたときに天気予報を確認できるのが便利だった。

他のハイカーから天気予報を尋ねられたときに、君のinReachでも確認できると教えてあげたら感謝された。もしかすると、みんなお守りとしてinReachを持っているだけであまり活用していないのかもしれない。

あとケーブル関係は、iPhone用に仕方なくライトニングケーブルも携行したが、他はタイプCで統一。ヘッドライトもタイプCで充電する「NITECORE / NU25 UL」にした。

※4 inReach:GARMIN (ガーミン) が開発・販売している衛星通信デバイス。携帯電話の電波が届かないエリアでも、双方向通信が可能でSOS発信機能も搭載されている。最新機種の「inReach Mini 2」は、小型&軽量で、重量は100g。TRAILSでは、「ロングトレイルTOPICS #07 | PCT&ATスルーハイキングに向けた最新情報(2023 Feb)」では、PCTAにインタビューし、inReachの利用増加とともに、適切な利用方法や自身のナビゲーションスキルの重要性をレポートしている。詳細記事はコチラ


12日間にわたるハイキング&パックラフティングで得られたギアのTIPSを、次の旅に活かしたい。

JMTのハイキング&パックラフティングは、トリップレポートもギアリストもかなり情報が限られているだけに、バダさんのギアのセレクトと体験談は、かなり貴重な情報である。

バダさんは「実は一つ一つ吟味していなかった」と書いていたが、さすがと思うマニアックなセレクトが随所ににじみ出ていた。

バダさん自身も、この旅で新たな知識や知恵をアップデートしたようなので、次はどんなギアとともにどんな旅をするのか楽しみだ。

TAGS:


RELATED

茨城・久慈川 パックラフティング & 河原キャンプ 2 DAYS | パック...
高知・仁淀川 パックラフティング & 河原キャンプ 2 DAYS | パッ...
ジョン・ミューア・トレイル | #01 スルーハイキング準備編(ルート選定と...

LATEST

HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2024 #02 注...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2024 #01 注...
WE ARE HIRING | TRAILS Crewを募集することになりま...

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜...
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスル...
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな...

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編)...
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘...
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関...

STORE

GARAGE

WRITER
櫻井史彦

櫻井史彦

ULハイカー、パックラフター、バーダー。hikerbirderというSNSアカウント名から、「バダさん」の愛称で親しまれている。2010年代前半の日本におけるパックラフト・シーンの黎明期から、パックラフトを始める。以来、日本各地のさまざま川をパックラフトで旅している。パックラフト歴は10年以上。ギアホリックでもあり、レアなヴィンテージのアルパカラフトの舟なども所有している。
バーダー (鳥見好き) としては、TRAILSの『PLAY!出社前に遊ぼう』にも登場している。パックラフトを漕ぎながらの鳥見も、バダさんが好む遊び方のひとつ。

>その他の記事を見る 

TAGS

RECOMMEND

北アルプスに残されたラストフロンティア #01 |伊藤新道という伝説の道 〜伊藤正一の衝動と情熱〜
LONG DISTANCE HIKER #09 二宮勇太郎 | PCTのスルーハイキングで気づいた本当の自分
パックラフト・アディクト | #46 タンデム艇のABC 〜ウルトラライトな2人艇のススメ〜

POPULAR

北アルプスに残されたラストフロンティア #04 | 伊藤新道を旅する(前編) 湯俣〜三俣山荘
TOKYO ONSEN HIKING #14 | 鐘ヶ嶽・七沢荘
TODAY’S BEER RUN #06 | アンテナアメリカ 関内店 (関内)

STORE

ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル

LONG DISTANCE HIKER【予約販売】
ULTRALIGHT HIKER【予約販売】
ULギアを自作するための生地、プラパーツ、ジッパーなどのMYOGマテリアル
ウエストベルト
ボトルホルダー
アンブレラホルダー
コンプレッションコード
アイスアックスループ
TRAILS SPECIAL BOX (2023 SUMMER)

RELATED

茨城・久慈川 パックラフティング & 河原キャンプ 2 DAYS | パックラフト・アディ...
高知・仁淀川 パックラフティング & 河原キャンプ 2 DAYS | パックラフト・アデ...
ジョン・ミューア・トレイル | #01 スルーハイキング準備編(ルート選定とパーミット取得...

LATEST

HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2024 #02 注目のハンモック...
HAMMOCKS for Hiker | ハンモックギア2024 #01 注目のハンモック...
WE ARE HIRING | TRAILS Crewを募集することになりました!...