TRAILS REPORT

NIPPON TRAIL #01 銀山街道(島根/広島)〜世界遺産・石見銀山から続く銀を運んだ道

2017.10.20
article_image


銀山街道の旅でも使用したHARIYAMA ProductionsのバックパックのTRAILS限定で先行販売します。また銀山街道の旅のMOVIEをお届けします。

MOVIEでは、記事のテキストや写真だけでは伝わえられない、このときの愉快な旅のヴァイブを感じていただけると思います。旅には視覚的な記憶だけでなく、音の記憶もあります。銀山街道の音の記憶として、神楽(かぐら)のお囃子、道を踏む音、仲間の笑い声、稲穂がさざめく音、川がせせらぐ音などが、耳の記憶として残っています。音をONにして見てもらえると、旅のサウンドスケープも楽しんでもらえると思います。



HARIYAMA Productionsのバックパック「Akana」を、TRAILSのみで先行限定販売(抽選で6名様まで)!



オフィシャルな販売は行ってこなかったHARIYAMA Productionsのバックパックを、三浦卓也氏の地元である島根の銀山街道の記事掲載を記念して、先行限定販売を行ないます。購入は、抽選で最大6名様に限らせていただきます。

hariyama_akana

HARIYAMA Productions(ハリヤマ・プロダクション)「Akana」([容量] 30L + α [重量] 411g)


【応募〆切】 2017年10月31日
【応募方法】 info@trails.co.jp 宛に、①氏名 ②連絡先(メールアドレス)③希望するカラー(red or brack)をお送りください。
【当選形式】 応募者の中から抽選6名様に販売。
【価格】30,000円(税別)。別途、配送料がかかります。
【発送予定】2018年1月中旬に発送を予定しております。

<製品の仕様詳細>
[容量] 30L + α  [重量] 411g
[サイズ] External Dimensions:約27cm × 14cm × 80cm(Extension collar 30cm)
[素材] body(red=vx07 / black=vx21)、 collar(silnylon)
[カラー] red, blackの2パターン
※若干の仕様変更をおこなう場合がございますので、予めご了承ください。

銀山街道でも、TRAILSとSHIMANE PROMOTIONのクルーも、このバックパックのプロトタイプを使って旅をしました。TRAILS佐井夫妻が使用しているのが、先行限定販売するAkana[BP006-special version]です(2013年7月制作)。同じ旅で三浦卓也氏が使用していたのが、BP006-type2、大紀氏(兄)はBP006-type3を使用。共に2012年7月に制作。

hariyama akana_2

【「Akana」の特徴】
メインボディはスタンダードなウルトラライトバックパックの形状を採用することで、HARIYAMA Productionsのプロダクトらしく軽量化を実現。最大の特徴は、ショルダーハーネスをトレイルランニングのベスト型タイプを採用することで、身体との接触面積が大きくなり、小走りなどの激しめの運動時にも身体を包み込むようにフィットし安定感をます形状になっていること。まさにハイキングもランニングも楽しんでいる三浦卓也氏らしい「いつもより少しだけアグレッシブな旅がしたくなる」バックパックとなっています。モデル名は、銀山街道道中にある赤名峠(島根と広島の県境)より命名されました。

hariyama_2200x1650お手持ちのセルマットなどを加工して背面パッドとしてご使用いただくと、旅の道中で休憩をする際の座布団としても活用できて便利です!※背面パッドは付属していません。



[MOVIE: 銀山街道 NIPPON TRAIL #01]





この記事のTOPへ戻る

関連記事

patagonia trip | パタゴニア・トリップ #01フィッツロイへゆく



ロングトレイルのカルチャーや、ハイカーによる実践的なノウハウがつめこんだ一冊


WRITER
根津 貴央

根津 貴央

1976年、栃木県宇都宮市生まれ。幼少期から宇宙に興味を抱き、大学では物理学を専攻。卒業後、紆余曲折を経て広告業界に入り、12年弱コピーライター職に従事する。2012年に独立し、かねてより憧れていたアメリカのロングトレイル「パシフィック・クレスト・トレイル(PCT/総延長4,265km)」のスルーハイクのために渡米。約5カ月間歩きつづける。2014年には「アパラチアン・トレイル(AT/総延長3,500km)」の有名なイベント「Trail Days」に参加し、約260kmのセクションを歩く。同年より、グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)を踏査する日本初のプロジェクト『GHT Project(www.facebook.com/ghtproject)』を仲間と共に推進中。現在はアウトドア系のメディアを中心に執筆活動を行なう。著書に『ロングトレイルはじめました』(誠文堂新光社)がある。

>その他の記事を見る